■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50 新着レスの表示

●○●スウェーデンボルグ●○●

1 名前: 人間◆/OGylGzw 投稿日:2009/02/24 13:58 ID:Scsc11Go0
スウェーデンボルグについて考えよう!!

スウェーデンボルグ - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=繧鴻c痰сヮ痺繝潟懊ユモー&btnG=罎應S「&lr=

377 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 02:08 ID:DLVlsxsE0
日本人の起源は、縄文人と弥生人の二重構造論が通説になっている。
 
母親系統を明らかにするmtDNA分析(Gm)によれば、
日本人の大多数は「北方系」であり、日本が大陸と陸続きだった氷河期に
シベリアからやって来たことを意味する。これが縄文人である。
  
しかし、父親系統を明らかにするヤップ遺伝子によれば、
日本人の場合、D系統と、南方系のO系統に著しい特徴がある。
これは、D系統を持った縄文人と、O系統を持った弥生人が
日本国内で混血したことを意味する。→ 遺伝子レベルの二重構造論


378 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 02:15 ID:DLVlsxsE0
母親系統の「北方系」だけでは、朝鮮からの渡来を否定できない。
しかし父親系統で見れば、朝鮮にはD遺伝子がないから、朝鮮からの渡来は
完全に否定される。日本人と朝鮮人は違う民族である。
 
では「南方系」のO遺伝子はどこから来たのか。
BC1000年ごろから、稲作技術と高床式住居を持った長江文明から、
船に乗って直接日本に「計画的」に渡来した。
 
水田や稲作技術は日本人が朝鮮に伝えたものである。
その名残りが「任那」であり、日本人は古くから朝鮮半島に強い権益を
持っていたことがわかる。それは「記紀」にも書かれている。


379 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 02:21 ID:DLVlsxsE0
もちろん例外はある。少数だが南方系の縄文人もいたことだろう。
朝鮮から渡ってきた人もいたことだろう。
しかし基本的に、日本人と朝鮮人は違う民族である。
 
「檀君神話」は中国との国境にある「白頭山」を舞台にしている。
これからもわかるように、朝鮮人は北方系だが、山や陸地の民である。
だからこそ熊の子孫にもなるのだろう。 
 
日本人は大昔から「海の民」である。基本的に、
日本から朝鮮に行くことはあっても、朝鮮から日本に来ることはない。
なぜなら、朝鮮から日本に来る必要性もないし、航海技術もない。


380 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 02:24 ID:DLVlsxsE0
伊藤俊幸氏のサイト「日本人の起源」によれば、
BC1000年ごろの気候寒冷化のときに、関東東北の縄文人が西日本に
南下した可能性を指摘している。鹿児島、沖縄諸島にも。
そうだとすれば、アイヌ人(たぶん縄文人の末裔)も熊を大事にするから、
九州で熊が地名になったりしていることも理解できる。
 
イザナミは火神を生んで死に、木花咲耶姫は火中で子供を産んでいる。
その子が海幸彦と山幸彦であり、山幸彦は海神の娘と結婚し、
山幸彦が天皇の家系だから、火神信仰と龍神信仰とは関係してそうですね。
桜島や阿蘇や富士山の噴火にも関係? 


381 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 02:27 ID:DLVlsxsE0
日本の人口推移
 
縄文中期BC6000年ごろ、2万人
縄文前期BC3000年ごろ、10万人
<中>BC2300年ごろ、26万人
<後>BC1300年ごろ、16万人
縄文晩期BC900年ごろ、7万5千人
 
弥生時代AD200年ごろ、60万人へと急増 ← 稲作のお蔭
士師時代AD750年ごろ 540万人

人口推移を見れば、縄文時代に「性器崇拝」が行われた理由もわかる。
早死、食料事情などで、人口がほとんど増加しなかったからだ。
生活スタイルも異なり、縄文人と弥生人は平和に共存することができた。
 
この事情は朝鮮半島も同じ。半島にも人間がほとんどいなかった。
危険を冒してまで日本に来る必要性がまったくない。
だからこそ、日本人は半島に進出し、「任那」を自分の土地にできた。
 
この時代から「竹島」は、海洋民族・日本の領土であることもわかる。


382 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 02:31 ID:DLVlsxsE0
日本の人口推移から、文字が発達しなかった事情も見えてくる。
家族や小集団で暮らしたので、文字の必要性がなかったからだ。
言葉にしても伝統にしても親から子へと直接伝えていた。
 
そのため日本語は、接触した人たちの単語を取り込みながら成長した。
日本語に、ツングース語・アイヌ語・中国語・韓国語・東南アジア系言語・
ユダヤ語などの影響があるのはその結果であろう。
 
そんなわけで、言葉から日本人のルーツを探るのはかなり難しい。
ごく大まかに言えば、文法は北方系、単語は南方系らしい。
・・・ 熊襲人は、熊を襲って、熊を食べる人(アイヌ人)のことかも

人口推移がわかると、龍や蛇の信者数がイメージできる。
総人口の半分としても、その実数はたいしたものではない。
 
ここまでの問題点を考えてみよう。
@ 水田稲作の前、縄文時代に龍や蛇の信仰が存在したのはなぜか。
蛇の飾りがついた縄文土器もあり、諏訪大社のミシャグチは縄文に遡る。
A 龍神信仰は、蛇信仰や性器崇拝に由来するものなのか。
それとも、まったく異なる別個の信仰なのか。


383 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 05:19 ID:DLVlsxsE0
縄文前期BC6000年ごろ、2万人
縄文中期BC3000年ごろ、10万人
 (>>381 前期と中期が間違っていたので訂正しておく)
 
陸稲だが、縄文時代のプラントオパールが見つかっている。
稲の原産地は長江流域だから、その当時、その地域から日本にやって来た
人たちがいたことを物語っている。
 
かれらは、陸稲だけでなく、蛇や龍の信仰を伝えた可能性もある。
蛇や龍の信仰は、北方系の縄文人にとって衝撃的だったかもしれない。
しかし縄文人の一部は、陸稲も信仰も受けいれた。


384 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 05:33 ID:DLVlsxsE0
蛇とネズミの関係から見ても合理的である。水田稲作をやってなくても、
食料(ドングリなど)を土器に保存していればネズミが出没する。
蛇はネズミ対策にありがたい存在だった。
 
長江から来た人たちは、陸稲と蛇信仰だけでなく、刺青も伝えている。
刺青は、長江近辺にいた呉人や越人の風習だったらしい。
日本には、縄文弥生の時代から現代に至るまで、刺青文化が存在する。
 
刺青には、飾りだけでなく、個人の識別という意味があったと思う。
敵味方を見分ける、消すことのできない「しるし」になる。


385 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 05:43 ID:DLVlsxsE0
龍神信仰の由来
 
蛇信仰と性器崇拝はそれだけで成立する可能性が高い。
縄文の人口がまったく増加しないことを知れば、食料の確保と人口増加が
人々の痛切な願いだったのだろう。であれば成立する。
 
では、龍神のイメージはどこから出てきたのか。
やはり蛇をベースにした想像、あるいは大麻などの幻覚ではなかろうか。
夢や瞑想によるものではないと思う。


386 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 06:08 ID:DLVlsxsE0
そうすると龍神信仰の由来は三つあることになる。
 
A 蛇信仰と性器崇拝 → 龍を想像 → 龍神信仰・・・ニセモノ
B 大麻などの薬物 → 龍を体験 → 龍神信仰・・・???
C 夢や瞑想 → 龍を体験 → 龍神信仰・・・ホンモノ
 
Aの場合は、龍に顔や翼や手足がある。ドラゴンや三停九似説もこれ。
Bの場合は、下から龍を見上げているか、恐ろしい思いをする。
Cの場合は、常に上から龍を見ている。龍の頭も顔も翼も手足も見ない。


387 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 06:31 ID:DLVlsxsE0
さて、また周辺国との関係に話を戻そうか。
朝鮮人はもう終わったから、今度は親日的な台湾人にしよう。
台湾人はなぜ親日的なのか、それはすぐに理解できる。
 
日本との合併が台湾人を幸福にしたから → 朝鮮人は恨んでいるのにね
戦後の蒋介石に対する憤り → これでは日本のがよかった
地理的に日本と利害を共にする → 共通の敵は共産党独裁・中国
 
台湾人にも複雑な思いがあるだろう。しかし、日本と共同戦線をはることで
台湾の将来がある。日本も同じ。中国、北朝鮮、韓国を切り捨て、
台湾と運命を共にすることで日本の将来がある。


388 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 06:45 ID:DLVlsxsE0
 
縄文早期BC6000年ごろ、2万人
縄文前期BC3000年ごろ、10万人
縄文中期BC2300年ごろ、26万人
縄文後期BC1300年ごろ、16万人
縄文晩期BC900年ごろ、7万5千人
 
弥生時代AD200年ごろ、60万人へと急増 ← 稲作のお蔭
奈良時代AD750年ごろ 540万人

刺青は明治政府が禁止するまで、アイヌも沖縄もやっていたという。
最近は白人もファッション感覚でやるが、
もともとはアジア各地で行われていた可能性もある。黒人は無理。
 
船乗りは海で死んでもわかるようにやったとか。
この説には妙に納得した。
 
日本の彫り師は腕だけでなくデザイン的にも評判がいいらしい。
龍を彫れるのは日本の彫り師だけだろう。


389 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 07:02 ID:DLVlsxsE0
天皇家の起源については、騎馬民族征服王朝説というのがあったね。
 
騎馬民族征服王朝説とは、朝鮮から日本にやってきた夫余系騎馬民族が、
4C末から5C前半に日本を征服した、という仮説である。

これは江上波夫(1906〜2002)が1948年に唱えたが、
かれの仮説を裏付ける証拠が何もなく、いまや完全に見捨てられている。
騎馬民族うんぬんは、かれの脳内妄想でしかなかった。


390 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 07:06 ID:DLVlsxsE0
水田稲作は日本から朝鮮に伝わったと思うが、
サイト「日本人の起源」〜伊藤俊幸氏は、朝鮮の、日本への影響を重視、
水田稲作は朝鮮から日本へ伝わったと考えているようである。
 
基本的にだが、縄文人が朝鮮半島に渡ろうとしなかったように、
朝鮮人も日本列島に渡ろうとしなかったのではないか。
なぜなら、土地が十分にあり、海を渡る必要性がないからである。
 
弥生人が特殊であり、弥生人は海を恐れない民なんだよね。
古代、船を造り、海を航行するのはきわめて難しい。
船や海に関する相当の知識や技術が要求される。

391 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 07:13 ID:DLVlsxsE0
レプティリアンは四次元(幽界)のトカゲ人、ドラゴンは五次元(霊界)の有翼二足歩行生物
と聞いたのですがそのような理解でよろしいのでしょうかね?
今自分が知りたいのは、翼をもつほうのドラゴンに善い竜は存在するのかしないのかという事なんですが。


392 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 07:18 ID:DLVlsxsE0

748 :おてんば私立学院総長 ◆T7PLTme/rI :2013/03/17(日) 08:50:26.40 ID:ru7FqAux

騎馬民族云々ではなくて、朝鮮の海賊が天皇家の起源であったのかもね。



750 :神も仏も名無しさん:2013/03/17(日) 19:00:01.48 ID:JqndbR1h
>>748
天皇のすごさは仁徳天皇を調べたらわかる。
国民のことを心配する権力者など、世界中で日本の天皇しかいない。
天皇の支配する日本はプラトンの言う「哲人国家」だった。



393 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:00 ID:DLVlsxsE0
朝鮮は昔、唐軍の力を借りて日本軍を破り、
半島の日本領土「任那」を奪った。これがAD663年、白村江の戦いだ。
そして今また、中国共産党と手を組み、竹島を奪おうとしている。
尖閣問題を計算しているのだろう。
 
そのうえ、竹島だけでなく、対馬も自分たちのものだと言い出している。
対馬まで取られてしまうぞ。韓国人は日本人をなめきっている。

なぜこんなことになったのか。
日本は戦後、共産党・日教組の影響下、小中高では日本の近現代史を
省略する方針を採用しているのではないか。

教科書にのっているのに、授業は大正時代ごろで時間切れになる。
歴史は西欧中心、朝鮮や中国との関係など超特急で終了。
古事記、日本書紀などまったく無視されている。
 
今の日本人は、龍神信仰の肝心な部分、古代史と近現代史を知らない。
日本人は歴史を奪われ、日本人としての誇りを奪われている。


394 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:04 ID:DLVlsxsE0
韓国人が大騒ぎしている「従軍慰安婦」もそのひとつ。
 
日本は朝鮮人を日本国民として扱い、朝鮮人の将校も警察官もいたのに、
若い女性を強制連行できるわけがない。暴動が起こるだろう。
そうじゃなくて、親が娘を、売春宿を経営する朝鮮人に売ったのが真相。
 
親は娘にそんな話ができるわけがない。娘は何も知らないで連行される。
ここから強制連行という慰安婦の主張が生まれる。
でもそんな事実はないない。そんな証拠は何もない。慰安婦は売春婦なの。
日本的な温情で慰安婦と表現したのに、かえって仇になったね。


395 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:07 ID:DLVlsxsE0
日本でも身売りがあったんだよ。それが当時の常識。
それに1962年の「日韓基本条約」で戦後補償は完全に終わっている。
補償してほしいなら、韓国政府に請求するのがスジ。
 
1910年の「日韓併合条約」も意図的に歪めている。
これは当時としては画期的なものであり、今で言えばECのようなもの。
日本人も韓国人も台湾人も平等、同じ日本国民だった。合併だよ。
 
それなのに韓国人は植民地にされたと恨んでる。
身分差別が解消し、学校や工場を作ってもらい、短期間に経済成長し、
人口が急増したのに恩知らずな人たち。


396 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:38 ID:DLVlsxsE0
朝鮮にとって、第二次大戦後の重大な挫折は「朝鮮戦争」ではないか。
共産主義者・金日成のせいで、同じ民族同士が争ったのだ。
韓国人はその不幸を日本のせいにしてないか。
 
かりに日本との合併がなければ、いまの北朝鮮が韓国の姿になる。
共産主義者・金一家の独裁と飢餓と収容所ではないか。
それでも韓国は、同じ民族・北朝鮮への思いを捨てられないのか。
 
その思いはわかるが、朝鮮戦争の不幸を日本のせいにしないでほしい。
そうしたいなら金一家の支配に入ればいい。民族の不幸を共有したらいい。
いくら言っても理解できないだろうけど言っておく。


397 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:49 ID:DLVlsxsE0
日本がいくら貢献しても、韓国が中国やロシアへとなびくのは、
その地理的位置と、同じ大陸という民族的な親近感があるのかもしれない。
 
かりに日本につけば、最前線で中国、ロシアと向き合って戦うことになる。
中国やロシアにつけば、最前線は海を隔てた遠い向こうになる。
これがたぶん、朝鮮人の思いの底によどんでいる。
 
だとすると、日本が朝鮮半島に向かうのは方向違いであり、
ましてや漢民族、中国共産党と手を結ぼうとするのは亡国の選択になる。
長江文明が滅びた二の舞。日本は「英米」と結ぶしかない。


398 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:52 ID:DLVlsxsE0
イザナミは出産、海神の娘・豊玉姫も出産 〜 血
木花咲耶姫も出産、昔は産屋を出産後に燃やしたという 〜 血と火
火山の噴火 〜 火
諏訪大社のミシャグチ神 〜 赤蛇、龍神信仰
 
これらから火神信仰と龍神信仰の関係が推測される。
「日の丸」の赤も不思議。太陽なら黄色が正しいはずなのだが。


399 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 10:56 ID:DLVlsxsE0
出産の「血」 輝く「太陽」 調理の「火」
火神とか赤蛇とかはこれらのシンボルであり、
古代人はこれらのありがたさを素直に崇拝したのかもしれない。
ただし二面性があり、血は生死、太陽は寒暖、火は調理と噴火(火災)
 
ゾロアスター教では火を崇拝する。ヒンズー教でも火神アグニがいる。
水(龍神)は陰、火(火神)は陽で、陰陽の関係なのかもしれない。


400 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 11:00 ID:DLVlsxsE0
遺跡の発掘などで、天皇家のルーツを調査することは
タブーにしてほしい。わかったところでどうなるものでもない。
日本の国体は、象徴天皇制と国民主権にある。
 
ユダヤ人ではないかと言われている秦氏も同じ。かりにユダヤの血が
流れていても、ユダヤに帰れ、と言われたら不快だろう。
世の中にはそういうバカが必ずいる。


401 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 14:36 ID:DLVlsxsE0
天台宗・最澄(AD767〜822年、55歳没)の先祖は、
後漢(AD25〜220)の時代に渡来した帰化人だと言われている。
 
真言宗・空海(AD773〜835年、62歳没)の先祖は、
父方は蝦夷(縄文人)、母方も帰化人(中国系?)だと言われている。

最澄の先祖は、後漢の時代に渡来したという話ではなく、
ウソかホントかわからないが、後漢の孝献帝(献帝、後漢最後の皇帝、
AD189〜220年)の子孫であるという話でした。
いつごろ日本に渡来したかは不明。orz


402 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 14:39 ID:DLVlsxsE0
日本には、縄文系(琉球・アイヌ)や弥生系(長江文明の継承者)だけでなく、
中国系もいればユダヤ系もいれば朝鮮系もいるのだろう。
日本人はそういった人々が混血することで誕生したのだと思う。
 
自分たちのルーツは何かという関心ならいいだろう。
しかしそれが、今現在の差別につながってはならないと思う。
→ あまり詮索しないのが暗黙のルールかもしれない。


ここまで来て気がついたことがある。
 
このスレで、高級霊には顔が無く、のっぺらぼうだと書いたが、
龍神様が顔を見せないのも同じ理由かもしれない。
  
メドゥーサのような恐ろしい顔など見たくもないが、
しかしどうして見せないのかと不思議だった。
 
高級霊だから顔を見せないのだ。


403 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 14:42 ID:DLVlsxsE0
もうひとつの謎は、
なぜ龍神様が最後の最後に登場するのかということだった。
 
このスレには幸い龍の背に乗った方がもう一人いる。
その方の話でわかった。龍の背は「死ぬな」というメッセージなのだ。
これが釈迦の話にある「梵天勧請」ではないだろうか。
 
中村元訳「悪魔との対話」サンユッタニカーヤU 岩波文庫
第Y篇 梵天に関する集成 第1章第1節 懇請

404 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 14:45 ID:DLVlsxsE0
龍神様じきじきで三途の川を渡らせないのだから、
死ぬな、というメッセージ以外にない。
そうすると龍神様は、仏教の梵天に等しいではないか。

梵天はブラフマン(宇宙真理)の人格化らしい。
しかし龍神様から見れば、梵天のうわさ話がブラフマンになる。
だから、龍神様=梵天 ・・・ > ブラフマン


(補足) ブラフマンの人格化がブラフーマーであり、その漢訳が梵天。
 
耳かきのふわふしている部分も梵天という。その由来は、修験者が着用する
梵天袈裟の左右についている、二つの綿帽子状のものに似ているからとか。
しかし、梵天袈裟になぜそんなものがついているのか不明。


405 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 14:48 ID:DLVlsxsE0
街角を右に折れるとそこに大きな川があった。なぜだかわからないが、
その人は歩いて向こう岸に渡れそうな場所を探し、川に沿って歩いている。
しかし川はどんどん深くなるばかりだった。心細くなってきた矢先、
川にかかる橋を見つけた。ああよかったと橋に近寄り、さあ渡ろうと橋の
行く手を見た。すると二人連れがこちらに歩いて来るではないか。
橋のたもとで立ち止まり、二人に目を凝らしていると、
二人の顔がわかるぐらいの距離になった。

ひとりは最近死んだ身内であり、その怒ったような顔を見た瞬間、
こっちに来るなという強いメッセージが伝わってきた。
もうひとりは不思議な人だった。なんとも気高い雰囲気に包まれている。
そのうえその姿が濃くなったり薄くなったりしている。
身内と比較して段違いなのが一目でわかった。
しかも顔があるのに目や鼻や口が見えない。いったいだれなんだろう。
その人のことが気になり、向こう岸に渡ることなど、
もはやどうでもよくなっていた。


406 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 18:05 ID:DLVlsxsE0
生きている人間には四柱の守護霊がいるらしい。
 
梵天袈裟についている左右に二つ、合計四つの丸い球は、
もしかすると四柱の守護霊を意味しているかも?
一般的な組み合わせなら、神様・龍神様・父親・母親だろうか。
両親が健在なら、その家系の先祖などが守護霊になる。

 
後に残された者が、亡くなった者を悲しむのは当然だが、
その悲しみが強すぎてはならない。なぜなら、強すぎる思いは、
亡くなった者の成仏を妨げてしまうからだ。
ほどほどにして亡くなった者を自由にした方がいい。
 
こういった理由で、口寄せや降霊実験(リーディング)は排斥される。
依代にとっても死者にとっても危険である。



407 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 18:09 ID:DLVlsxsE0
>龍が表現された初まりは中国大陸の夏(か)王朝が権力を象徴するもので
>エメラルドを使ったモザイク画だよね?

それは知らなかったです。そのモザイク画を見てみたい。
中国の古代史は日本人のルーツにダブり、おもしろそうな世界ですね。


408 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 18:12 ID:DLVlsxsE0
最近の出来事で疑問があるんだけど、仮に龍神様が喋るなら二人称は「お主」でいいのだろうか?
眠りから醒めたと同時に年配者の声でメッセージ(幻聴、霊聴)が聞こえた
龍神様が人間の言葉で、人の人生の今後に対してアドバイスするなんて事がありえるかな
先祖とか守護霊のほうと解釈するのが普通?

最近霊能者の方に「あなたには龍神様が後ろに見える」と言われました。
確かに我が家では龍神様を祀っていたり、ここ数年私自身が龍神様を祀っている神社に参拝していたりと、
言い当てられて驚いたのですが。
そこで「龍神様がついた人はあえて苦行を与える」というようなことを言われました。
質問なんですが、苦行を乗り越えた先には何があるのでしょうか?
お願い事などをしてもよろしいのでしょうか?
大儀を与えられたような気がしてうれしい反面、気も重いのです。

竜神様にご加護されてる方いくらでもいるんですよ
さっきまで一緒にいてた人も白い猛々しい龍王が守護してる
その人のご先祖が神社の修築んい貢献されたみたいです
寺社で拝んだり寄付したりすれば良いってもんじゃない
関心なくてもその人の感性が優れていたり変な電波発していたりで気に入られたり
とりあえず呼んだら超マッハで駆けつけてくれるような神様は2、3作っとけ

409 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 18:38 ID:DLVlsxsE0
龍けっこういると思うよ 龍ってほんといろいろなタイプがいるみたい
でもピノキオみたいな妖精は見たことがないと思う
登山した時に子供が喜んで自分の周囲をついて回るとか
仙人、天女なら見たことあるけど羽の生えた妖精とか見たことない


410 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 18:44 ID:DLVlsxsE0
戦後は経済優先主義に偏り過ぎたと思う。
 
しかしたった70年弱に過ぎない。日本人の過去はそれこそ何万年とある。
 
まだ間に合う。日本人は龍神信仰を遺伝子に刻んでいる。


411 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 19:06 ID:DLVlsxsE0
 
体験信仰 ・・・ 精神の飛躍と高揚
 
洗脳信仰 ・・・ 精神の停滞と衰退 


412 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 19:15 ID:DLVlsxsE0
龍は今日も誕生してるみたいですよ

龍神は金運と関係があるな

413 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 19:23 ID:DLVlsxsE0
秀吉の朝鮮出兵は誤りだった。そのため豊臣は滅んた。
 
しかし、モンゴルによる、朝鮮人先導の日本攻略も誤りだった。
 
そのせいで鎌倉幕府が滅んだが、この二つはお互い様か。


414 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 20:16 ID:DLVlsxsE0
龍神様は鋼鉄のようであり、龍神様が言葉をしゃべることはないだろう。
話しかけたが答えはなかった。行動で反応した。
 
断定はしないが、龍神様は何も話さないように思っている。
かりに言葉を発したら龍神様以外かと。


415 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/10 20:20 ID:DLVlsxsE0
生死の境界にいるのが龍神様ですかね。
その龍神様が守っているなら、どんな苦労があっても大丈夫ですよ。
感謝しながら、龍神様に願うことはかまわないと思う。
 
残念だが、人間は苦労しないと精神的に成長しない。 
苦労を恐れてはいけない。若いうちの苦労は買ってでもしろと言う。
苦労すれば他人の気持ちがわかるようになる。
 
苦労した先には幸運がある。
心を澄ませば、先のことをぼんやりと感じるようになる。


416 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/15 20:09 ID:MxpMEvjo0
神を盲信する訳でもなく、龍神様が偉い訳でもないな。
しかし、ものには順序ってもんがある。
あんたは、自分を残して、龍を滅すると言うが、滅するべき方は、自分の方だってこと。
現代の人々は、あんたが言わなくても、龍神様のことなんか忘れとる。
自分の思想の事しか観えとらん。
自分を自慢することで必死だ。
しかし、その様な思想精神に龍の力が働いてるとは夢にも思わんのだろう。
龍の力を無碍にしとる。
だから、龍の力を目覚めさせることが叶わんのじゃ。



417 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/15 20:12 ID:MxpMEvjo0
<龍神は霊界に存在している>
 龍神とは霊界の生物です

 龍(りゅう)の名前の通り、生命の流れ、自然界の流れを司ってい
 おり、人類の守護の役目もあります。

 あらゆる流れを浄化、すべてを浄めて行く役目があり、天候の事


418 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/15 20:21 ID:MxpMEvjo0
龍神と申しているが龍神にも二通りあるぞ。地からの龍神は進化していくので
あるぞ。進化をうそざと思うのは神様迷信ぞ。一方天からの龍神は退化していく
のであるぞ。この二つの龍神が結ばれて人間となるのであるぞ。

ただ龍神はどこまでもこちらの世界の者、人間は地の世界の者であるから、幽
から顕への移りかわりの仕事はまことに困難で、長い長い歳月を経て漸くの
ことでモノになったのじゃ。

今の人民は龍神と申せば、すぐ横を向いて耳をふさぐなれど、まことのことを
知らせねばならん時だから、こと分けて申しているのぞ。


419 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/15 20:29 ID:MxpMEvjo0
善(霊主体従)の国常立尊は、悪(体主霊従)の盤古大神を
改神させる為に復活し、統合を果たした後に再び地底に鎮まるのだ。

そして1000年後、最後の次元変動を起こす為に再び復活し、
「ミロクの世」の大完成の総仕上げを行なって、
永遠に隠退して陰から守護し続ける役目となるのだ。
惑星の誕生から完成までの間には様々な大変動があるが、
1000年後に地球が完成するということである。

「高い段階から申せば善も悪も、神界も幽界もないのであるが、
人民の頭で判るように申してゐるのであるぞ」


「日本も外国も神の目からは無いのざと申してあろうが。
神の国あるのみざぞ」

以上抜粋。

言葉で結界をつくることはだめだ。
行動で結界をつくることはいいことだ。

420 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/25 14:11 ID:jgSo/StY0
次元っていうのはアイウオエ次元の話なんだろうけど
どれがどうなるかは分からないww
少なくてもひふみ神示は古事記よりは分かりやすい。

似たような人が集まってるっていうのもあるんだろうけど
3年近くやってると周囲も変わるのよね
妙な縁で集まってくる人達もいる。それって個人レベルの体験じゃないよ
とはいえ縁がある女性は年上の場合が多くて
その辺が寂しいっていうのはあるんだよね
いいように見せても肝心の部分で上手くいってないっていうのはあるw
神っていうのが実在するならそこは不満言いたいなぁ。


421 名前: 名無しさん 投稿日:2013/05/31 20:29 ID:R7CLWUOE0

日章旗のルーツは清和源氏甲斐源氏

俺の背骨にはくすんだ元気のない龍が住んでる。
こないだ一瞬だけ見えたえ


神にお伺いすることが祈りなら、祈りには予言としての機能がある。
それは、古事記などに登場する占いであり、未来に関する第六感でもある。
こうなるかもしれないという思いが心をよぎり、実際そうなるとしたら、
万難を排し、自分自身を信じて行動し、準備すべきではないのか。
祈っても、半信半疑では後悔するかもしれない。


422 名前: 厨助◆tlqmU/B6 投稿日:2013/06/27 01:06 ID:CR/qkuWo0
>>1
>>13
スウェーデンボルグとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AA
天界の秘義抜粋集(入門に最適)
http://www.arcanapress.com/IndekB.htm

東京教会
http://tokyonewchurch.org/index.html
ジェネラルチャーチ日本グループ
http://www.newchurchjapan.org/
アルカナ出版他
http://www.arcanapress.com/
http://swedenborgjsa.web.infoseek.co.jp/index.html
http://www.swedenborg.com/
http://newearth.org/
http://www.swedenborgdigitallibrary.org/

世界各国のニューチャーチ
http://www.newchurch.org/
http://www.newyorknewchurch.org/
http://www.swedenborg.org/Home.aspx
http://www.sfswedenborgian.org/
http://www.newchurchuk.org/




423 名前: 名無しさん 投稿日:2013/07/04 01:40 ID:7.BYTrR60
マイケルジャクソン~メーソンNWOとのシンボリズム洗脳戦争@
http://www.youtube.com/watch?v=ZtoEG8b4aJg
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9819220
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&v=WAGrZBlNndQ&NR=1
イルミナティ〜が最も恐れる音楽
http://www.youtube.com/watch?v=eZ0Xk0GfIoU

424 名前: 名無しさん 投稿日:2013/10/01 18:41 ID:/LfTUliM0
ダメだっち。

425 名前: 日出づる処の名無し 投稿日:2017/09/02 14:34 ID:s/GdI6wI0
あげ


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/cult/1235451538/