■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 最新50 新着レスの表示

今年もライギョ釣ってみますか!A

1 名前: 名無しさん 投稿日:2007/10/04 02:55
前スレ: http://shizu.0000.jp/read.php/fishing/1049859883/

次どぞ!

612 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/20 16:16 ID:KVaO91Qc0
尻穴突入

613 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/21 01:10 ID:MNR.oJuA0
尻穴兄弟

614 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/21 06:39 ID:CYjx0te20
佐村河内

615 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/21 21:20 ID:LanBzDm.0
片山祐輔

616 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/21 23:23 ID:on2VLqZw0
鈴木隆之

617 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/22 20:54 ID:n7iZ.Bas0
工藤兄弟

618 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/23 07:25 ID:KtXSEaro0
万汁悪臭

619 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/23 12:07 ID:RBEMzU5s0
織田裕二

620 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/23 18:35 ID:.RQmEIWw0
西武警察

621 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/23 19:35 ID:Ps/LTyx20
七転八倒

622 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/23 23:39 ID:.RQmEIWw0
口臭予防

623 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/24 19:25 ID:.RQmEIWw0
玉袋小袋

624 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/25 04:40 ID:7mw0BWj20
高木ブー

625 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/25 07:29 ID:c51oieUc0
飛鳥安中

626 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/26 00:20 ID:c51oieUc0
銭型角次

627 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/26 13:14 ID:3oYdd0Us0
大滝秀治

628 名前: 名無しさん 投稿日:2014/05/30 03:22 ID:IL1XPzMI0
四面楚歌

629 名前: 名無しさん 投稿日:2014/06/21 12:59 ID:3oYdd0Us0
お盆がくると毎日のように水難事故のニュースが目に入ります。
なぜお盆に水の事故が多いのか?

私の知ってる情報ではお盆の13日〜16日になると
昔から地獄の釜が開かれる時期と言って、
未浄化霊などが水辺に集まりやすくなるので、
水難事故が多いんだそうです

盆期間中は水辺は避け、
どうしても行く場合にはお数珠や清め塩を
必ず持参するようにした方が良いですよ

もう一度忠告します!
これから水辺で雷魚釣りする方は水辺に集まった霊に引き込まれます
ましてやウェーデイングなどはもってのほかです、絶対におやめなさい。


630 名前: 名無しさん 投稿日:2014/06/27 11:50 ID:.J1iwO2E0
.:⊂⌒ヽ.:./づ゙  ゙゙つ:/⌒つ:.
  .:\ ヽ/   \   /.i  ./:. …な…なんとしても…
   .:|  |   ●   ●.|  |:. …このスレを…上げねばならぬ…
   .:|  彡 u  .( _●_) .ミ ./:. 
   .:\_,,ノ    .|WW|、._ノ:.  
    .:/⌒ヽ.   ゙⌒゙/⌒ヽ:.
   .:(             .):.
    .:ヽ   \   /   /:.
   .:(⌒______):´ ̄`:(______⌒):.


631 名前: 名無しさん 投稿日:2015/02/20 19:49 ID:ZLol4EpY0
某野池での話。(風)

夕方5時くらいでしたっけかね〜
私釣りが好きでよく夕方つりにいくんですよ。
その日はなんとなくムシムシした日で、雷魚を狙いにいったんです。
30分くらいしてはじめの一匹が釣れました。しかしウシガエル。
それから1時間ぐらいしてそろそろ帰ろうとしたとき、後ろから『ぴちゃぴちゃ」と音がするんです。
ここは秘密のポイントで人がくるはずが無いんですが。
後ろを向けずに30秒ぐらいしたら突然アタリが....しかし妙なんですよ。
なんか魚特有な引きじゃなくて何かこう糸をゆっくりつよくたっぐてるような...
しかし頑張ってつり上げようとしたんです。1分ぐらいしたらキュ−に軽くなってばれたかなっと
思いました。しかし違いました。そいつがこっちに向かってくるんです。ボクは怖くなって糸を切って道具を持って逃げました。
そのときの事は逃げる事でいっぱいでまったくおぼえていませんでした。
そして朝新聞を見たらその場所で昨日の昼一人が足を踏み外し溺死していたそうです。


632 名前: 名無しさん 投稿日:2015/10/09 17:13 ID:g/RW8..20
妻の上を通り過ぎて行った幾人もの男たち・・・。

毎晩毎夜、多くの男達の黒く太いチンポを入れられ、男の背中に手を廻し悶えていた日々。
アナルまで見せながら尻を掴まれバックで犯されていた。鮮明に想像してみて下さい!
あなたがキスをした奥さんの口唇・舌は他の男達のチンポを舐め回していた汚れた口唇。
過去に奥さんにたっぷりと死ぬほどの回数セックスを仕込んだ男たちのことを考えると
胸が熱くなりませんか?興奮しませんか?

あなたの愛する大切な奥さんは、あなたと出会った時には既に大いなる中古品でした。
これは、あなたの奥さんの処女膜を破った一番幸運な男のみならず、
あなたが奥さんに出会う遙か前に、あなたの奥さんを抱いた他の男たちのすべてが
あなたが、あなたの奥さんを「初めて抱いたあの時」よりも遙かに良い状態の奥さんの肉体を
死ぬほどたっぷり何千回以上も弄んでいたのですよ。これが紛れもない現実なのです!

あなたと出会う前より遙かに若かった状態の良い肉体を他の多くの男達が弄んでいったのです。
あなたは、その何十人もの男たちに調教され、その男たちの唾液や汗や精液を体細胞に浸透させられ、
しかも老化が既に進行してしまっていた中古女を奥さんに貰ったのです。
ひょっとしたら、中絶も何回か経験しているかもしれません。
あなたの奥さんは、他の男の子供を体内に宿していた可能性も有ります(絶対にばれません)。
あなたは、一人の男として、激しく悔しくないのでしょうか?
一生の大切な伴侶である貴方の妻が酷い中古女であった事実を・・・。
悔しさで胸が張り裂けそうになりませんか?

いや〜素晴らしいことです!中古女を引き取った皆さん現実を直視しましょう^^/
もしかすると自分のガキでないのに一生懸命汗水たらして頑張ってるかもですね?
血液型さえ合ってれば絶対ばれません!おつかれさまです。

633 名前: 名無しさん 投稿日:2015/10/28 12:42 ID:IiNakbC60
もう そう なの?

634 名前: 名無しさん 投稿日:2015/10/28 19:26 ID:hu9Wp4EM0
かわいそうなやつめ、俺様は人妻を数人セフレにしとる、旦那の粗チンとテク無しを嘆き!俺の暴れん棒とテクニックに溺れてる!フィニッシュ時は全て中だし、ピル飲ましてあるっうか向こうから要求、中に中に私のまんこの奥に強く突いてたくさん中に出してと要求される、子宮をグリグリしながら中だし。

635 名前: 名無しさん 投稿日:2015/10/28 20:26 ID:NJKxH07I0
↑酷い妄想だ

636 名前: 名無しさん 投稿日:2015/11/11 11:58 ID:5TyeHawk0
現実だからな!

637 名前: 名無しさん 投稿日:2015/11/21 02:19 ID:YISQYf1c0
初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりにアニキとして慕っているニイケのモノがカズマの中を動くたびに、腸内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…アニキィ…気持ちいいっす。」
「俺もだ…」
「良かった…ニイケアニキもカズマで気持ちよくなってるんですね…っうん!」
…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながらカズマが呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「ワシも…イキそう…カズマ、今日ボクも、安全日なんです。だから…中にっ!」
「カズマーッ…もう限界だ…」
「はい。なかしまたいし、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
ニイケはそのままカズマの中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が司忍の腸内に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングでカズマも達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。
「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながらニイケが呟く。
…はい…その心構え、立派だと思うぜ。」
「漢としてそれくらいは…な。」
加西のスリランカが中部のゲイボーイを孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。

638 名前: 名無しさん 投稿日:2015/11/29 04:20 ID:h1tTRPVE0
(((●)))アーッ!! 悲報【法務省】「強姦罪」懲役引き上げ 肛門性交なども 強姦と同様に扱うよう見直しも


性犯罪の厳罰化に向けた刑法改正について議論する法制審議会(法相の諮問機関)の部会が
27日開かれ、強姦罪の法定刑の下限を懲役3年から5年に引き上げる方向で、ほぼ意見がまとまった。

法務省によると「下限が懲役3年の傷害致死罪との均衡が取れない」として反対する意見もあったが、
これまでの強姦罪の量刑が不当に軽かったとの意見が多数だった。

部会ではほかに、加害者や被害者の性別を問わず、肛門性交なども強姦と同様に扱うよう構成要件を
見直す方向性も確認された。それに伴い、男性の被害者を想定していない「強姦罪」という罪名を変更する
必要性について問題提起があった。

ソース
http://www.daily.co.jp/society/national/2015/11/27/0008601024.shtml




639 名前: 名無しさん 投稿日:2016/11/23 21:51 ID:7subDEHg0
雷魚おじさん

小学校4年生の夏休みのことで、今でもよく覚えてる。
沼と古墳の堀をつないでる細い用水路があって、そこの沼で一人で雷魚釣りをしてたんだ。
3時頃から始めたんだけど、いつになくたくさんフロッグで釣れるので面白くてやめられなくなった。
だんだんあたりが薄暗くなってきて、日の長い時期なので7時近かったと思う。
そろそろ帰らないと怒られるな、もう一匹だけ雷魚釣ったらやめようと思っていたら、
ガサガサと藪を漕ぎ分ける音がして、沼の丈の高い草の中を何かが近づいてくる音がする。
人が通るような道はないので動物かと思ってちょっと身がまえたが、
出てきたのは自分の父親より少し年上くらいのおじさんだった。
おじさんは日焼けした土方っていうかジミーちゃんに似た姿でタンクトップを着て、
顔は大人なんだけど小学生の自分と同じくらいの背丈で、頭に迷彩の鉢巻きのようなものを巻いている。
それがバンダナだというものだとは後でわかった。
はじめは怖いという感じはぜんぜんしなかった。
おじさんはにこにこ微笑んでいてとても優しそうにみえたから。
おじさんは体についた草の葉を払いながら「ぼうや釣れるかい?」と聞いてきたので、
「はい、釣れます」と返事をすると「ちょっとお魚見せてくれるかい」と言いながら歩み寄って先ほど釣り上げた雷魚を見て、
「ほーう大物だねぇ。この雷魚もらってもいいかな」
そしてこちらの返事も待たずに先ほど釣り上げた雷魚の顎の膜の部分を二本指ではさんでつまみ上げ、
「いただくよ」と両手で抱えて頭から囓り始めた。バリバリという骨の砕ける音が聞こえてくる。
おじさんは「いいな、いいな、生臭いな」と歌うようにつぶやいて頭のなくなった雷魚を草の上に捨てた。
自分が呆然と見ていると「殺生だよ、殺生はいいな、いいな」と言いながら、
沼の前にしゃがみ込んで、今度は両手をつっこんで2匹の雷魚を捕まえ、
こちらに背を向けるようにして、交互に頭を囓りだした。
やっぱりバリバリゴリゴリと音をたてて頭だけ食べている。生臭い臭いが強くした。
魚を捨てると立ち上がってこちらを振り向いた。
にこにこした顔はそのままだが、額と両側の頬に雷魚の頭が生えていた。
雷魚はまだ生きているようでぱくぱく口を開けてる。
「ああーっ」と声を上げてしまった。ここから逃げなくちゃいけないと思ったが、体が動かない。
おじさんはヘビのようなくねくねした動きですぐに自分の側まで来て、「ぼうやももらっていいかな」と言って股間に手をかけてきた。
思わず身をすくめると、同時におじさんのほうも弾かれたように跳び離れた。
そしてこちらを見て不審そうに首を傾げ「・・・ぼうや、神徳があるねえ、どこかにお参りにいったかい?」
そう言うおじさんの顔から目を離せない。
すると急におじさんの顔が黒くなり、吠えるような大声で「どっかにお参りにいったかと聞いてるんだ」と叫んだ。
気おされて「・・・この間、高井教会の祭りで男神輿を担ぎました」と、なんとか答えると、
おじさんは元のにこにこ顔に戻って「そうか男神輿ねぇ、ふーん残念だなあ、じゃ20年後にまた来るよ」
ゴーッと強い風が顔に当たって、目をつぶってもう一度開けるとおじさんの姿はなくなっていた。
体が動くようになったので釣り道具をぜんぶ捨てて家に逃げ帰った。
家族にこの話をしたけど、何を馬鹿なことをという反応だった。
母親が変質者かもしれないと少し心配そうにしたくらい。
翌日中学生の兄といっしょに昼前に沼にいってみたら、釣り竿なんかは草の上に投げ捨てられたままになっていた。
ただ沼縁に近づくとひどい臭いがして、あたりの水面に油と魚の鱗が浮いていた。
その後はその古墳の近くの沼には近づいていないし、特に奇妙な出来事も起きていない。
ただもうすぐあれから20年になるんだ

640 名前: 名無しさん 投稿日:2017/02/26 00:58 ID:YISQYf1c0
僕が邦紹の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も邦紹も全裸になり、邦紹の秘所が露わになりました。
「・・・主馬来て・・・」
僕は我を忘れて邦紹の秘所にシュラプネル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
邦紹は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、俺は・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリチンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、邦紹の秘所からは血が出てきました。
邦紹は疣痔でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(漢の大事な股間を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言っただろ!俺はあんたの事、好きなんだから。疣痔とかそういう問題じゃないだろ!」
そう言い終わるのと同時に、邦紹がキスをしてきました。
「好きな人にアナルを捧げることのどこがいけないのだ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は邦紹の秘所にシュラプネル砲を一気に挿入しました。邦紹の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のシュラプネル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってくれ」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のシュラプネル砲が命令違反を起こし、勝手にローディーラー状態に。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には邦紹の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって疣痔だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「主馬、好きだぜ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のシュラプネルはもう元気になっていました。今度こそ、邦紹を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、シュラプネル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、邦紹の秘所からはグチュグチュとうんちが出るな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった便が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・か、主馬ぁぁぁ」
邦紹の声も、苦痛に満ちた声からAV男優みたいな声に変わってきました。
「主馬ぁ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「おっ・・おれも・・好きぃ・・・おまえの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうシュラプネル砲が我慢できなくなりました。邦紹の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「邦紹・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に邦紹の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、邦紹の両親が旅行で、僕の両親も昨日から佐賀に行っていたので、邦紹の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました。

641 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/08 02:24 ID:YISQYf1c0
アナルオナニーには激しいピストン運動は向かない

アナルは非常に締りがきついため、あまり激しいピストン運動はできませんし向いていません。
アナル用のアダルトグッズも、数珠が繋がったようなものがあり、これをゆっくりとした出し入れを
することで快感を得ます。

プラグというものもあり、これを使ってアナルを拡張したりします。アナルバイブもありますが、
電池モーターの力では、アナルの締め付けには耐えられず、振動はともかくスイングは
使い物にならないケースが多くて実用的ではありません。
出し入れにしか使えないことも多々あります。

アナル用のバイブレーターもあります。ただ女性の膣と違い、締め付ける力が半端ないため、
モーターの力が及ばずまともに動かないという口コミが多数あります。

642 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/08 16:08 ID:0ZzTSf.g0
悶絶

643 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/10 10:15 ID:WLjZcsTY0
ライギョの皮を集めています。実は6月のアユ解禁時に披露するローライズ胴長のワンポイントとして尻の部分に♡型に貼り付けたいんです。

644 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 15:02 ID:egW5Z3LY0
彼と同居の時、お酒が好きな彼氏がある日の夜
「ワカメ酒いいよなぁ。飲んだことないし」と言っていた。
その時はスルーしてたけど、翌日こっそり買ってきて驚かせようと計画。
気の利く彼氏を演じたかった。

まず、近所の酒屋に出向き「ワカメ酒置いてますか?」と元気よく尋ねるも
酒屋の若い男性店員に「・・・置いてないんですけどぉ」と言われる。
足を伸ばしてスーパーに隣接する大きめの酒屋で再度探してみたけど
どこにもなくて そこの店員にも「置いてません」とキッパリ言われた。
他にもいくつかまわってみたけど結果は同じ。

家に戻り新聞広告にあった新しく開店したリカーショップに電話。
女性店員に「うちでは扱ってません!」と半ギレで応対された。
仕方なくもしかしたらネットでお取り寄せできるかもと検索してみた。
そして真実を知った。

僕は引っ越したいです。

645 名前: 名無しさん 投稿日:2017/04/06 22:15 ID:BN460V6E0
 だいぶ暖かくなり、じっちゃんもヘビ柄タイツを脱ぎ捨てピチピチ迷彩柄短パンに黒タンク姿で竿の手入れ磨きをしています。

孫の邦紹です。
今週末釣行ですが、心配事が・・・
実はじっちゃんは軽い糖尿病で河原で排尿し、チンボ出しながら雷魚釣りに夢中で甘いオシッコを求めて、蟻の大群が尿道に入ったままなのです。
しかも、陰毛かと思いきや蟻の大群でした。
爺の陰毛は蛇型です。

週末にじっちゃんは必ず『蟻のチャンピオン・・そうモハメド・アリを肛門に閉じ込める!』と意気込んでいます。
僕はそんなじっちゃんの肛門の穴にS・O・Dでアリが逃げないように栓をしたいです。

646 名前: 名無しさん 投稿日:2017/04/28 00:15 ID:6MHDTDP.0
すんません加西の発展場に行ってましたんで・・真の漢を目指す、雷魚と共に生きる邦紹の舎弟の主馬です。
実は・・バビューンボンバーの改造が・・失敗作でした。
邦紹兄ぃは脱衣場で、乳首を見られるのを最も嫌い乳首に板オモリを巻きます・・こうすると安定がよくなり勃起し、
中に入れておいた有刺顎口虫がビッシリ亀頭に吸い付くそうです。

まだちょっと寒いので、ポットで沼から汲み上げた水の温度上げプレイするために活台湾ドゼウが動き回って隠れるところを探しています・・
邦紹兄ぃに呼ばれ、初めて肛門にクリームを塗り入浴した僕です・・ぅぅうっぁぁアニキィィィィイ〜
すかさず、失敗バビューンボンバーを挿しこむ邦紹兄ぃ!たぁぁぁーーーーすけーーてぇ!!発展場にエコーがかかった甲高い僕の叫び声!
ヨシぁーやったぜ主馬!邦紹アニキの笑顔・・成功らしい・・何が成功?・・一瞬だが、雷魚と性交する顔が・・

恐る恐る・・・主馬は肛門の穴を持ち合わせてた手鏡に映してみると・・・なんとそこには・・図で表すと『_/\((^o^))/\_』分かり辛いが、肛門から・・
顔をのぞかせる邦紹兄ぃが写っていた・・飛び起きると夢精した主馬がグッタリ果てて居た つづく

647 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/13 01:30 ID:u1./jTQU0
鯉が足にぶつかったのではなくそれは水辺の霊に押されてるのです。
必ずお清めをしてください。
でないとあなたの足に何らかの障害が起こる可能性があります。

地獄の釜は旧暦の8月10日頃から開きます、13日には最も霊が釜から出て来る頃で
子孫でもあるあなた方にあった後、15日には帰る霊のピークを迎えます。
私の経験上、20日には大部分の霊が帰って行きます。

何故水辺に霊が集まるのかと言うとそこでの不慮の事故もありますが、「死に水」と言って
人は死ぬ直前、喉が渇くとのことのようです。

経験された方も多いとは思いますが通夜の際に親族の方が脱脂綿に水を含んで、割りばしなどで
故人の口へと運ぶ風習がありますよね。
あれが「死に水」です。

自殺や事故で亡くなった方の場合、「死に水」を与えられなかった為に喉が渇き続け、
成仏されないとのとで多くの霊が水辺に集まるようです。


ここで書き込んでいる方々の誰かの水難事故が無いことを心よりお祈り申し上げます。

沼地で釣りをする方が多いようですが、「ミソハギ」は生えてないでしょうか?
紫色の小さな花をたくさんつける花なのですが「ミソハギ」→「禊」といい、昔から
盆花として知られております。

もしミソハギが生えてるのでしたらぜひとも何本か摘んで腰などにぶら下げることをお勧めします。
野生的には絶滅状態のようなのですが、そこにミソハギがある場合、水難事故が多い為に誰かが植えたのかもしれません。
ミソハギは、昔から霊を慰める効力があると言われてます。

648 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/21 17:32 ID:VXZ2LnGA0
お彼岸にまつわる霊

お彼岸の時に、しばらくぶりに雷魚釣りに行きました。
墓地の近くの沼地には古びたベンチが置いてあり、そこで休憩出来るようになっています。
その沼地に雷魚を釣りに行った時、その古びたベンチに一人の小柄だが、ガタイの良い兄貴が座っていました。
休憩しているんだなと私は思ったのですが、何故かその兄貴は私の方を恨めしそうに、睨み付けているのです。
別に私は何もしていないのに、その兄貴は私の方をずっと睨み付けていました。
下手に関わると面倒なので、気にせず沼地のポイントへと歩みを進めたのです。
ここでの雷魚釣は久しぶりだったので、いつものポイントには葦がたくさん生えていました。
私はその葦をかき分け、雷魚釣を始めたのです。
帰る頃には沼地の入り口のベンチに居た兄貴はいなくなっていて、私は安心をしました。
それからしばらくして、別の沼地に雷魚釣りに行きました。
そこには何と、以前釣に行った時の小柄で、ガタイの良い兄貴が居たのです。
初めは見間違いかなと思ったのですが、特徴がほぼ同じだったので、同一人物だと確信しました。
私は何だか怖くなってしまったので、雷魚釣を早々に終わらせました。
その兄貴は、今度も帰る頃にはいなくなっており、私はますます気味が悪くなってしまったのです。
私は二度も同じような体験をしたので、高井教会の修道士に聞いてみました。
そしたら以前そこの沼地で水難事故で亡くなり成仏していない霊が、羨ましいと思って出て来たのではないかという事なのです。
それから何年かしてまたそこの沼地に、兄貴が現われることは有りませんでした。
特にこれといった被害を受けなくて済んで良かったのですが、今考えるだけでも背筋がぞっとしてきてしまいます。

649 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/21 17:36 ID:VXZ2LnGA0
お彼岸にまつわる霊

お彼岸の時に、しばらくぶりに雷魚釣りに行きました。
墓地の近くの沼地には古びたベンチが置いてあり、そこで休憩出来るようになっています。
その沼地に雷魚を釣りに行った時、その古びたベンチに一人の小柄だが、ガタイの良い兄貴が座っていました。
休憩しているんだなと私は思ったのですが、何故かその兄貴は私の方を恨めしそうに、睨み付けているのです。
別に私は何もしていないのに、その兄貴は私の方をずっと睨み付けていました。
下手に関わると面倒なので、気にせず沼地のポイントへと歩みを進めたのです。
ここでの雷魚釣は久しぶりだったので、いつものポイントには葦がたくさん生えていました。
私はその葦をかき分け、雷魚釣を始めたのです。
帰る頃には沼地の入り口のベンチに居た兄貴はいなくなっていて、私は安心をしました。
それからしばらくして、別の沼地に雷魚釣りに行きました。
そこには何と、以前釣に行った時の小柄で、ガタイの良い兄貴が居たのです。
初めは見間違いかなと思ったのですが、特徴がほぼ同じだったので、同一人物だと確信しました。
私は何だか怖くなってしまったので、雷魚釣を早々に終わらせました。
その兄貴は、今度も帰る頃にはいなくなっており、私はますます気味が悪くなってしまったのです。
私は二度も同じような体験をしたので、高井教会の修道士に聞いてみました。
そしたら以前そこの沼地で水難事故で亡くなり成仏していない霊が、羨ましいと思って出て来たのではないかという事なのです。
それから何年かしてまたそこの沼地に雷魚釣をしたのですが、兄貴が現われることは有りませんでした。
特にこれといった被害を受けなくて済んで良かったのですが、今考えるだけでも背筋がぞっとしてきてしまいます。

650 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/22 02:57 ID:KnGM.YEk0
お彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは普通のことです。
ごく普通に接していれば問題はありません。

沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることが多々あります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になるのは、本当に不幸なことです。
故にお彼岸の時期は水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいのは成仏してない霊が喉の渇きを潤すためです。

水辺近くの土手などに曼殊沙華(彼岸花)があった場合、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。

もし釣りをした場合、家に帰った時玄関に入る前に天然塩で清めると良いでしょう。

あと、数珠で、たまに般若心経が彫られてるものがありますが、逆に水辺の霊がそのまま家までついて行き、
頼ってくるので避けた方が良いでしょう。

故に、お彼岸の時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事をお勧めします。
ウェーディングなどという行為は自殺行為です、絶対におやめなさい。

651 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/22 03:01 ID:KnGM.YEk0
お彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは普通のことです。
ごく普通に接していれば問題はありません。

沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることが多々あります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になるのは、本当に不幸なことです。
故にお彼岸の時期は水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいのは成仏してない霊が喉の渇きを潤すためです。

水辺近くの土手などに曼殊沙華(彼岸花)があった場合、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
曼殊沙華の花言葉は、再会、諦め、転生、悲しい思い出などです。

もし釣りをした場合、家に帰った時玄関に入る前に天然塩で清めると良いでしょう。

あと、数珠で、たまに般若心経が彫られてるものがありますが、逆に水辺の霊がそのまま家までついて行き、
頼ってくるので避けた方が良いでしょう。

故に、お彼岸の時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事をお勧めします。
ウェーディングなどという馬鹿げた行為は自殺行為そのものです、絶対におやめなさい。

652 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/22 03:05 ID:KnGM.YEk0
お彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは普通のことです。
ごく普通に接していれば問題はありません。

沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることが多々あります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になるのは、本当に不幸なことです。
故にお彼岸の時期は水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいの現世とあの世に通じる道以外にも不慮の事故で亡くなった成仏してない霊が喉の渇きを潤すからです。

水辺近くの土手などに曼殊沙華(彼岸花)があった場合、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
曼殊沙華の花言葉は、再会、諦め、転生、悲しい思い出などです。

もし釣りをした場合、家に帰った時玄関に入る前に天然塩で清めると良いでしょう。

あと、数珠で、たまに般若心経が彫られてるものがありますが、逆に水辺の霊がそのまま家までついて行き、
頼ってくるので避けた方が良いでしょう。

故に、お彼岸の時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事をお勧めします。
ウェーディングなどという馬鹿げた行為は自殺行為そのものです、絶対におやめなさい

653 名前: 名無しさん 投稿日:2017/08/28 22:43 ID:r2IkcRXQ0
漢の肛門マニア

男がムダ毛処理する各部の比率
1位:ヒゲ・うなじ(80.5%)
2位:肛門周囲(22.0%)★
3位:ヒザ・ヒザ下(21.5%)
4位:太もも(20.5%)
5位:足指・足背(18.0%)

という結果に。
ダントツ1位の「ヒゲ」は、仕事柄、毎日手入れしなければいけない人も多いだけに納得ですが、
気になるのは2位。夏に露出が増えそうな「脚」の毛を押さえ、ほとんど誰の目にも触れない「肛門」の毛が
ランクインしたのです。

もっとも、こうした悩みを持つのは、毛に対する意識が高い男性だけなのだろう。

654 名前: 名無しさん 投稿日:2017/09/02 22:46 ID:R4PRxctg0
涼しくなり、そろそろお彼岸の季節ですよね。

お彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは昔から日本では普通のことです。
この時期の霊は、ごく普通に接していれば問題はありません。

池や沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることが多々あります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になるのは、本当に不幸なことです。
故にお彼岸の時期は水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいの現世とあの世に通じる道以外にも不慮の事故で亡くなった成仏してない霊が喉の渇きを潤すからです。

水辺近くの土手などに曼殊沙華(彼岸花)があった場合、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
曼殊沙華の花言葉は、再会、諦め、転生、悲しい思い出などです。

もし釣りをした場合、家に帰った時玄関に入る前に天然塩で清めると良いでしょう。

あと、数珠で、たまに般若心経が彫られてるものがありますが、逆に水辺の霊がそのまま家までついて行き、
頼ってくるので避けた方が良いでしょう。

故に、お彼岸の時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事をお勧めします。
ウェーディングなどという馬鹿げた行為は自殺行為そのものです、絶対におやめなさい


655 名前: 名無しさん 投稿日:2017/09/02 22:53 ID:R4PRxctg0
涼しくなり、そろそろお彼岸の季節ですよね。

お彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは昔から日本では普通に行われた事でもあります。
この時期の霊は、ごく普通に接していれば全く問題はありません。

池や沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることがあります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になってしまうのは、本当に不幸なことです。
故にお彼岸の時期は水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいの現世とあの世に通じる道以外にも不慮の事故で亡くなった成仏してない霊が喉の渇きを潤すからです。

水辺近くの土手などに曼殊沙華(彼岸花)があった場合、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
曼殊沙華の花言葉は、再会、諦め、転生、悲しい思い出などです。

もし釣りをした場合、家に帰った時玄関に入る前に天然塩で清めた方が良いでしょう。

あと、数珠で、たまに般若心経が彫られてるものがありますが、逆に水辺の霊がそのまま家までついて行き、
頼ってくるので避けた方が良いでしょう。

故に、お彼岸の時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事をお勧めします。

この時期にウェーディングなどという馬鹿げた行為をする方がおられるようですが、自殺行為そのものです、絶対におやめなさい

656 名前: 名無しさん 投稿日:2017/09/14 20:18 ID:mHLqiNxU0
正月って、「何に拝んでいる」のか知っていますか?

 初詣でお寺やお宮の神仏に拝むのはわかります。でも、「鏡餅」とか「正月飾り」って、単なる装飾ではなくて宗教的な意味もありそうですよね?
正月は新年ですし、おめでたい感じがすることから「新年」を拝んでいるのでしょうか? 
さて、「一体、何に拝んでいる」のでしょう?


 実は、あなた方がが拝んでいるのは「死霊」なのです。
これから書く話は、民俗学での有力な説に基づいたものです。

 正月に拝んでいるもの、それは「死霊」なのです。
日本人にとって正月とは、新年が明けることで「この世界」と「死者のいる世界」の境目が曖昧になり、祖先や、様々な形で亡くなった「死霊」が山や異界から里へ街へと降ってくる
特別な時間だと捉えられてきたのです。

 地方の伝統によっては、正月に来るものは「歳神様(としがみさま)」であったり、死霊そのままの「祖先の霊」であったりしますが、ほとんどの地方の伝統の中で、
正月に来るものの姿には「死者の霊=死霊」の特徴が見られるのです。

 少し昔までは、正月は「死霊」を迎える時間であり、「初詣」とは死霊に向かい合う時間である、ということがもっと明確に意識されていました。
江戸時代には、「年男」とされた一家の長男などが何日も水ごり(冷水を浴びる修行)などをし、厳粛に新年を迎えていたのです。
なんとオカルトな雰囲気なのでしょうか。


 実は、「正月」はお葬式?
そして明治時代以後、「初日の出」が日本の富国強兵の象徴とされたため、正月は明るい行事だというイメージが強くなってきました。
しかし、今でも私たちの生活には、正月は死霊をお祀りし、共に過ごすのだ、という価値観が色濃く反映されています。

 たとえば、正月は実家に帰り、家族とともに過ごす方は多いですよね。また、親戚がたくさん家に来る方も多いでしょう。その時には和服などフォーマルな服装になることもありますよね。
これって、何かに似ていませんか? …そうです。葬式です。我々は、そうと意識をしていなくても、明らかに死霊の祭りとして新年を迎えており、その習慣はとても強く残っていると言えそうです。

「古代の人々の世界観」を表す神話学の研究を見てみると、こういった習慣の意味合いは、もっと明らかになってきます。
そもそも新年というのは「暦が最初に戻る=世界が新しく始まる」ということを意味しています。
これは世界中の新年の祭りがそうなのです。世界が新しく始まる時というのは、生と死の境目も曖昧になる、マジカルタイムだということです。

 たとえば、ラテンアメリカでは新年に、「死霊が来る」という意味を持つ、魔物が躍る祭りが様々な形で行われていますが、同じ伝統はヨーロッパでも見られます。
つまり、正月には死者が復活するということです。
そして、生きるものとともに過ごすため、生きている我々は死霊を丁重にお迎えする、ということなのです。

657 名前: 名無しさん 投稿日:2017/09/14 20:32 ID:mHLqiNxU0
正月って、「何に拝んでいる」のか知っていますか?

 初詣でお寺やお宮の神仏に拝むのは普通に行われていることです。
でも、「鏡餅」とか「正月飾り」って、単なる装飾ではなくて宗教的な意味もあるとのことです。
正月は新年ですし、おめでたい感じがすることから「新年」を拝んでいるのでしょうか? 
では、「一体、何に拝んでいる」のでしょう?

 実は、あなた方がが拝んでいるのは「死霊」なのです。
これから書く話は、民俗学での有力な説に基づいたものです。

 正月に拝んでいるもの、それは「死霊」なのです。
日本人にとって正月とは、新年が明けることで「この世界」と「死者のいる世界」の境目が曖昧になり、祖先や、様々な形で亡くなった「死霊」が山や異界から
里へ街へと降りてくる特別な時期だと信じられてきたのです。

 地方の伝統によっては、正月に来るものは「歳神様(としがみさま)」であったり、死霊そのままの「祖先の霊」であったりしますが、ほとんどの地方の伝統の中で、
正月に来るものの姿には「死者の霊=死霊」の特徴が見られるのです。

 少し昔までは、正月は「死霊」を迎える時間であり、「初詣」とは死霊に向かい合う時間である、ということがもっと明確に意識されていました。
江戸時代には、「年男」とされた一家の長男などが何日も水ごり(冷水を浴びる修行)などをし、厳粛に新年を迎えていたのです。
なんとオカルトな雰囲気なのでしょうか?。

 実は、「正月」は死出の祝い、即ち、お葬式でもあるのです。
明治時代以後、「初日の出」が日本の富国強兵の象徴とされたため、正月は明るい行事だというイメージが強くイメージされました。
しかし、今でも私たちの生活には、正月は死霊をお祀りし、共に過ごすのだ、という価値観が色濃く反映されています。

 たとえば、正月は実家に帰り、家族とともに過ごす方は多いですよね。また、親戚がたくさん家に来る方も多いでしょう、その時には和服などフォーマルな服装になることもありますよね。
実はこの服装、何かに似ていませんか?…そうです、お葬式です。
我々は、そうと意識をしていなくても、明らかに死霊の祭りとして新年を迎えており、その習慣はとても強く残っていると言えます。

「古代の人々の世界観」を表す神話学の研究を見てみると、こういった習慣の意味合いは、もっと明らかになってきます。
そもそも新年というのは「暦が最初に戻る=世界が新しく始まる」ということを意味しています。
これは世界中の新年の祭りがそうなのです。世界が新しく始まる時というのは、生と死の境目も曖昧になる、マジカルタイムだということです。

 ラテンアメリカでは新年に、「死霊が来る」という意味を持つ、魔物が躍る祭りが様々な形で行われていますが、同じ伝統はヨーロッパでも見られます。
つまり、正月には死者が復活するということなのです。
そして、生きるものとともに過ごすため、生きている我々は死霊を丁重にお迎えする、ということなのです。

 当然この時期は、不慮の事故で亡くなられた「成仏されていない霊」が、死に水を与えられなかったが故に、喉の渇きを潤す為に水辺に集まってきます。
この時期には、決して水辺に近づかないことを、強くお勧めします。

658 名前: 名無しさん 投稿日:2017/10/10 02:00 ID:QMMmZiWE0
いよいよ春の御彼岸の季節ですよね。

御彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは昔から日本では普通に行われた事でもあります。
この時期の霊は、ごく普通に接していれば全く問題はありません。

池や沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることがあります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になってしまうのは、本当に不幸なことです。
故に、春のお彼岸の時期は、水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいの現世とあの世に通じる道以外にも不慮の事故で亡くなった成仏してない霊が喉の渇きを潤すからです。

水辺近くの土手などに桜(ソメイヨシノ等)があった場合、鎮魂の為、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
桜が古木の場合、土葬された仏様の目印なのかもしれません。
川沿いやお堀や湖沼など比較的新しい水辺の桜はそこで、不慮の事故で亡くなられて水害などの祟りを恐れ、鎮魂の為に植えられました。

種類にもよりますが、桜の花言葉は「精神の美」「優美な女性」とあります、ただ、これらは昨今に付けられたものであり
江戸時代以前は鎮魂の芋も込められておりました。
故に、墓地などに桜が多いのもその為であります。

もし釣りをした場合、家に帰った時玄関に入る前に天然塩で清めた方が良いでしょう。

水辺の霊がそのまま家までついて行き、 頼ってくる場合があります。

故に、お彼岸の時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事をお勧めします。

この時期にウェーディングなどという馬鹿げた行為をする方がおられるようですが、自殺行為そのものです。
絶対におやめなさい。

659 名前: 名無しさん 投稿日:2017/10/10 23:59 ID:QMMmZiWE0
いよいよ春の御彼岸の季節ですよね。

御彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは昔から日本では普通に行われた事でもあります。
この時期の霊は、ごく普通に接していれば全く問題はありません。

池や沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
お彼岸の時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることがあります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になってしまうのは、本当に不幸なことです。
故に、春のお彼岸の時期は、水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいの現世とあの世に通じる道以外にも不慮の事故で亡くなった成仏してない霊が喉の渇きを潤すからです。

水辺近くの土手などに桜(ソメイヨシノ等)があった場合、鎮魂の為、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
桜が古木の場合、土葬された仏様の目印なのかもしれません。
川沿いやお堀や湖沼など比較的新しい水辺の桜はそこで、不慮の事故で亡くなられて水害などの祟りを恐れ、鎮魂の為に植えられました。

種類にもよりますが、桜の花言葉は「精神の美」「優美な女性」とあります、ただこれらは昨今に付けられたものであり、江戸時代以前は
鎮魂の意味も込められておりました。
故に、墓地などに桜が多いのもその為でもあります。

もしこの時期、釣りをした場合家に帰った時玄関に入る前に、天然塩で清めた方が良いでしょう。

水辺の霊がそのまま家までついて行き、 頼ってくる可能性が非常に高いです。

故に、春のお彼岸のこの時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事を強くお勧めします。

この時期にウェーディングなどという馬鹿げた行為をする方がおられるようですが、自殺行為そのものです。
絶対におやめなさい。

660 名前: 名無しさん 投稿日:2017/10/11 00:05 ID:QMMmZiWE0
いよいよ春の御彼岸の季節ですよね。

御彼岸は、あの世のご先祖様の霊を偲ぶ時期でもあります。
ご先祖様の霊を偲ぶことは昔から日本では普通に行われた事でもあります。
春のこの時期の霊は、ごく普通に接していれば問題はありません。

この時期の池や沼などの水辺ですが、水辺自体、現世とあの世との神の道のようなものです。
ただ、水辺には、不慮の事故で亡くなり、ずっと居座る(成仏しない)いわば自縛霊も多数存在します。
春の御彼岸のこの時期に水辺に行った場合、そのような霊に影響を受けることが多々あります。

一般的に、人は死んだら墓で眠ると教えられるのですが、これは間違っております。
本当は死んだら、あの世に還らなければいけないのです。

しかし、不慮の事故により成仏せず、未浄化霊になってしまうのは、本当に不幸なことです。
故に、春のお彼岸の時期は、水辺に近づかないことをお勧めします。
水辺に霊が集まりやすいの現世とあの世に通じる道以外にも不慮の事故で亡くなった成仏してない霊が喉の渇きを潤すからです。

水辺近くの土手などに桜(ソメイヨシノ含む彼岸桜)があった場合、鎮魂の為、地縛霊を鎮める為に誰かが植えたのでしょう。
桜が古木の場合、土葬された仏様の墓標でもあります。
川沿いやお堀や湖沼など比較的新しい水辺の桜はそこで、不慮の事故で亡くなられて祟りを恐れ、鎮魂の為に植えられました。

種類にもよりますが、桜の花言葉は「精神の美」「優美な女性」とあります、ただこれらは昨今に付けられたものであり、江戸時代以前は
鎮魂の意味も込められておりました。
故に、墓地などに桜が多いのもその為でもあります。

もしこの時期、釣りをした場合家に帰った時玄関に入る前に、天然塩で清めた方が良いでしょう。

水辺の霊がそのまま家までついて行き、 頼ってくる可能性が非常に高いです。

故に、春のお彼岸のこの時期は極力水辺に行く事は避け、霊との接触を行わない事を強くお勧めします。

この時期にウェーディングなどという馬鹿げた行為をする方がおられるようですが、自殺行為そのものです。
絶対におやめなさい。


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/fishing/1191434110/