■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 新着レスの表示

“エイズ増えてるのに…日本の男はいい加減?”

1 名前: 名無しさん 投稿日:2008/02/13 07:37
避妊方法、時代に逆行している部分も
・避妊はオトコの<義務>であるといっていい。一部の避妊法以外は、オトコのしっかりした意思が
 なければなしえないことだからだ。産婦人科医の宮本氏によれば、戦後まもなくの日本では、
 そこまで避妊方法に対する意識がなかったという。

・1950年 コンドーム 35.6% オギノ式 27.4% 体外射精 55.0%
 つまり、避妊の半分以上を体外射精に頼っていたのである。コンドームがまだ一般的にそこまで
 流布していなかった時代だからある意味仕方がなかったのかもしれない。こうした傾向が変わるのは、
 1960年代の後半である。

・1967年 コンドーム 65.2% オギノ式 37.4% 体外射精 26.4%
 ここでコンドームの使用率が60%を超し、体外射精の率がぐんと減ったのである。30年後の
 1994年には、次のようになっている。

・1994年 コンドーム 77.7% オギノ式 7.1% ピル 4.2% 体外射精 8.6%
 しかし、これが2000年を境に激変する。
・2000年 コンドーム 75.3% オギノ式 6.5% ピル 4% 体外射精 27.5%

 宮本氏は次のように語る。2000年になってエイズの騒動がひと段落したとたん、体外射精が
 急増したんです。体外射精が避妊ではありません。HIV感染者は先進国では唯一日本だけが
 増加している。にもかかわらず、体外射精によって避妊をしようとする人が急増し、体外射精に
 よる避妊の実地率は30年も時代を逆行して、1960年代半ばぐらいの多さになっているんです」

 宮本氏はこうなった理由をこう説明する。「日本のオトコは結婚してはじめて避妊に対してちゃんと
 考える傾向にあるようです。しかし未婚の人に多く見られるのが、『このオンナとは遊びだから』
 とか『どうせすぐ結婚しないし』という意識。本来は、だからこそちゃんと避妊しなきゃならないのに、
 なぜか『だからいい加減』になりがちなんです。産婦人科で女性の話を聞いているとつくづく
 そのことを思います」(一部略)
 http://news.livedoor.com/article/detail/3500806/




続きを読む

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/health/1202855871/