■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 新着レスの表示

身近な人がうつ病・・・

1 名前: 名無しさん 投稿日:2009/08/04 15:15 ID:rBQK7s7.0
母のうつ病が再発してしまいました

再婚してから更に悪化。
どう接すればいいのかわからんです。


2 名前: 名無しさん 投稿日:2009/08/04 17:19 ID:aYxRrMpY0
寂しいのかも…
貴女が再婚してから

3 名前: 名無しさん 投稿日:2010/03/28 11:34 ID:9l9gpWIo0
鬱 よ○え

4 名前: 名無しさん 投稿日:2011/07/19 19:01 ID:55xNHp0I0
鬱病女降臨中
支援よろm(__)m

http://shizu.0000.jp/read.php/lover/1110882005/l10

5 名前: 名無しさん 投稿日:2013/08/27 13:57 ID:77Vwg1w20


6 名前: 名無しさん 投稿日:2015/02/11 17:44 ID:V.C8camI0
■新型うつ急増の背景に“にわか精神科医”が診断書の乱発か(DMMニュース)

「いま、顧問先企業の管理職の頭を悩ましているのが、
うつ病の診断書を持ってきて休職を願い出る社員の増加です。
確かに勤務中は落ち込んだ様子ではあるものの、オフの時間になると途端に元気になる。
それを見ていると、病気のようには思えないといいます。
しかし、コンプライアンス(法令順守)が厳しく問われる時代になり、
診断書を突きつけられると休職を認めざるを得ないのが現状なのです。
いっそのこと、会社が指定する精神科医でセカンド・オピニオンを受けるように指示できたらいいのですが……」

こう語るのは労務関係に精通したベテランの女性弁護士だ。

少し古いデータになるが、厚生労働省の「患者調査」によると気分障害を含めた
うつ病の患者数は1996年に43万3000人だったものが、2008年には2.4倍の104万1000人へ急増している。
自分の職場のなかにもうつ病を訴える人が、1人や2人くらいはいるのではないか。
女性弁護士が紹介した社員の例は典型的な「新型うつ」と思われる。
この病気の特徴の一つが、責任感が乏しく、何かあると他人のせいにしてしまうこと。
だから、休職することも当然と考えてしまう。
都内で精神科のクリニックを開いている専門医は、呆れた口調で次のように話す。

「最近は、診療もしていないのに、先に『気分が落ち込んで仕方がなく、
会社を休職したいので診断書を書いてほしい』と言ってくる患者さんが増えてきました。
専門医ですから重篤な患者さんかどうかは、話を聞いているとわかります。
ただ会社を休みたいだけなのではと疑わしいときは、『あなたの会社の人事担当者と連絡を取って、
仕事の状況を把握してから判断しましょう』というと、ほとんどの人が再診を受けにこなくなりますね」

7 名前: 名無しさん 投稿日:2015/02/11 17:47 ID:V.C8camI0
■診断書を書くだけで医者は儲かるしくみ

実は、この診断書は保険の適用外で、1通書くと3000円〜5000円が医師の懐にまるまる入ってくる。
つべこべ言わずに、お客さまである患者のニーズに合わせていれば、売り上げアップにつながるのだ。
あるチェーン展開を行っている精神科のクリニックは患者の要望に応じて、
すぐに診断書を書いてくれることで人気を集めているという。
こんなところの診断書を持ってこられても、会社側としたら素直に受け取ることはできないだろう。

また精神科の専門医の間で問題になっているのが、「にわか精神科医」が増えていること。
先の専門医は「いまの日本の医療制度では、昨日まで小児科や内科を標榜していた医師が
今日からは精神科に標榜し直すことができるのです」という。
厚労省の「地域保健医療基礎統計」によると、
1996年に3198施設だった精神科のクリニックが2008年には1.7倍の5629施設へ急増している。

「精神科の治療はレントゲンなどの設備が不要で、元手をかけずに始められます。
しかも、問診による診断がメインなのでCT画像や血液検査のような科学的なデータがなく、
後で誤診が疑われても訴えられるリスクが少ない。
“適当”といったら語弊があるが、単純に薬を処方して『はい、おしまい』といった、
にわか精神科医がちらほらと見受けられるようになりました。
こんなクリニックにかかったら、本来治るものも治りません」

別な専門医はため息まじりに話す。別名「心の風邪」ともいわれ、身近な病気となったうつ病。
しかし、その診療現場の状況に分け入っていくと、いろいろな問題点が浮かび上がってくる。

(取材・文/松本周二)

DMMニュース 2015年2月9日 6時50分
http://news.livedoor.com/article/detail/9764740/

8 名前: 人生無常 投稿日:2015/02/12 20:17 ID:GRLW2B9.0
>>1
うつ病は気の病、励ましとかは絶対にダメ

暖かい話とかをして家族団らんが一番

絶対にしては成らない話は問題有る話、絶対ダメ

家族が付き添って笑いが弾ける様な話題をするべき。



9 名前: 名無しさん 投稿日:2015/07/12 17:08 ID:8Ow11R0Y0
ツレが鬱になってから10年くらい。
もう治らないんだろうなぁ

10 名前: 正論の会副代表 投稿日:2015/07/12 20:50 ID:yD9qNWN.0
鬱病は神経質な性格に多々「大きな心で生きればOK」
所詮人間はバカヤロウだから、度って事は無いと信じろ!!
彼女のウンコ臭をクンクンすれば「オッパッピー」
逝く逝く逝くーーー「ピッピッピーーー」

11 名前: 名無しさん 投稿日:2017/04/18 18:14 ID:SqXvsLIM0
Big New Study Challenges A Genetic Link to Stress, Depression

ttps://psychcentral.com/news/2017/04/10/genetic-link-to-stress-and-depression-questioned/118890.html

■セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される

科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で
「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。
「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が
臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、
多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いが
うつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。
実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、
遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時に
うつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。

この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちが
セロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、
ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、
セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。

「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、
実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は
再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/health/1249366504/