■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 新着レスの表示

身近な人がうつ病・・・

11 名前: 名無しさん 投稿日:2017/04/18 18:14 ID:SqXvsLIM0
Big New Study Challenges A Genetic Link to Stress, Depression

ttps://psychcentral.com/news/2017/04/10/genetic-link-to-stress-and-depression-questioned/118890.html

■セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される

科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で
「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。
「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が
臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、
多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いが
うつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。
実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、
遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時に
うつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。

この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちが
セロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、
ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、
セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。

「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、
実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は
再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/health/1249366504/