■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 新着レスの表示

身近な人がうつ病・・・

7 名前: 名無しさん 投稿日:2015/02/11 17:47 ID:V.C8camI0
■診断書を書くだけで医者は儲かるしくみ

実は、この診断書は保険の適用外で、1通書くと3000円〜5000円が医師の懐にまるまる入ってくる。
つべこべ言わずに、お客さまである患者のニーズに合わせていれば、売り上げアップにつながるのだ。
あるチェーン展開を行っている精神科のクリニックは患者の要望に応じて、
すぐに診断書を書いてくれることで人気を集めているという。
こんなところの診断書を持ってこられても、会社側としたら素直に受け取ることはできないだろう。

また精神科の専門医の間で問題になっているのが、「にわか精神科医」が増えていること。
先の専門医は「いまの日本の医療制度では、昨日まで小児科や内科を標榜していた医師が
今日からは精神科に標榜し直すことができるのです」という。
厚労省の「地域保健医療基礎統計」によると、
1996年に3198施設だった精神科のクリニックが2008年には1.7倍の5629施設へ急増している。

「精神科の治療はレントゲンなどの設備が不要で、元手をかけずに始められます。
しかも、問診による診断がメインなのでCT画像や血液検査のような科学的なデータがなく、
後で誤診が疑われても訴えられるリスクが少ない。
“適当”といったら語弊があるが、単純に薬を処方して『はい、おしまい』といった、
にわか精神科医がちらほらと見受けられるようになりました。
こんなクリニックにかかったら、本来治るものも治りません」

別な専門医はため息まじりに話す。別名「心の風邪」ともいわれ、身近な病気となったうつ病。
しかし、その診療現場の状況に分け入っていくと、いろいろな問題点が浮かび上がってくる。

(取材・文/松本周二)

DMMニュース 2015年2月9日 6時50分
http://news.livedoor.com/article/detail/9764740/


続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/health/1249366504/