■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 新着レスの表示

知人が白血病で困ってます

5 名前: 名無しさん 投稿日:2017/02/28 01:42 ID:KAPH79ls0
●死んだり疲弊した白血球細胞

(1)過労白血球:白血病細胞は薬の使い過ぎや過労状態で、『誰にでも見られる細胞』である。
過酷条件下で出来た寿命の尽きた白血球の死骸や、成長の止まった白血球である。狂って増殖したものではない。
つまり、白血病細胞は「疲弊した白血球」に過ぎない。

(2)顆粒球細胞:例えば顆粒球は交感神経作用で増殖し、副交感神経作用で減少する。
増減は自律神経(ストレス等)によって左右される。
また、白血病細胞は血液を浄化し、体液中のPH改善で健全細胞に生まれ変わる。
つまり、白血病細胞は健全な白血球に変化する。
これは、血液を正常化すれば白血病細胞も消える事を意味する。

(3)可逆性変化:白血病は骨髄での造血機能障害と言われているが、骨髄造血の正式論文は存在しない。
血液ガンと言われるが血液は浄化する事で瞬時に戻る。
白血病は実は可逆性があり白血球が白血病細胞になる。同時に白血病細胞は白血球にもなる。


続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/health/1336679546/