■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50 新着レスの表示

【ドンキ】いよいよ伊豆に【6月オープン】

1 名前: 名無しさん 投稿日:2017/02/05 11:47 ID:0hsrDBog0
激安『ドン・キホーテ』がいよいよ、この6月に伊豆に上陸する。
国道沿いの一等地に店を構えるみたいだけど、果たして伊豆で
ドンキは生き残れるのか?
他のディスカウント店は、どのようにして対抗するのだろうか。
開店まであと約半年。伊豆のディスカウント店の行く末は果たして。

127 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/16 09:45 ID:P2vaMoNs0
ほうほう

128 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/16 16:14 ID:wnrX1nMI0
流石だ

129 名前: 投稿日:2017/03/16 18:07 ID:tdJWTrlI0


130 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/16 20:21 ID:diFLM0r20
せやせや

131 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/18 09:11 ID:D3vTu2AQ0
凄いなw

132 名前: 投稿日:2017/03/18 16:11 ID:hvusDDoI0


133 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/18 17:11 ID:0q7dPswU0
せやなぁ

134 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/19 11:08 ID:34NjUR060
騎士道物語(当時のヨーロッパで流行していた)を読み過ぎて妄想に陥った郷士(下級貴族)の主人公が、
自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」(「ドン」は郷士より上位の貴族の名に付く。
「デ・ラ・マンチャ」は「ラ・マンチャ地方の」の意で、出身地を表す。
つまり「ラ・マンチャの騎士・キホーテ卿」と言った意味合い)と名乗り、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、
従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける物語である。
1605年に出版された前編と、1615年に出版された後編がある(後述するアベリャネーダによる贋作は、
ここでは区別のため続編と表記する)。

135 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/19 13:31 ID:Lxmn45ms0
1605年に出版された前編と、1615年に出版された後編がある(後述するアベリャネーダによる贋作はここでは区別のため続編と表記する)。

136 名前: 投稿日:2017/03/19 14:10 ID:Y7w8OU/20


137 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/19 14:13 ID:f5BesDTQ0
為になるねぇw

138 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/19 15:28 ID:mwXIi2Lc0
dameになるねぇ 

139 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/19 23:54 ID:vE1b7/bU0


140 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/20 10:18 ID:ruJNkPi.0
旧態依然としたスペインなどへの批判精神に富んだ作品で、
風車に突進する有名なシーンは、スペインを象徴する騎士姿のドン・キホーテがオランダを象徴する風車に負けるという、
オランダ独立の将来を暗示するメタファーであったとする説もある(スペインの歴史、オランダの歴史を参照)。
実在の騎士道小説や牧人小説などが作中に多く登場し、書物の良し悪しについて登場人物がさかんに議論する場面もあり、
17世紀のヨーロッパ文学についての文学史上の資料的価値も高い。

141 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/20 14:49 ID:/I43CAeM0
なるほど!

142 名前: 投稿日:2017/03/20 18:07 ID:VmL/EXC20
せやせや

143 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/20 23:47 ID:cGo5a5k60
せやなぁw

144 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 06:18 ID:ZxQ.xOFE0
dameになるねぇw

145 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 07:28 ID:Je7Id1V60
せやせや

146 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 07:31 ID:Je7Id1V60
主人公の自意識や人間的な成長などの「個」の視点を盛り込むなど、
それまでの物語とは大きく異なる技法や視点が導入されていることから、最初の近代小説ともいわれる。
騎士道を信じて疑わない主人公の不条理かつ突拍子もない言動の数々を喜劇仕立てで描いていると同時に、
年老いてからも夢や希望、正義を胸に遍歴の旅を続けるその姿が多くの人の感動をよんでいる。


147 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 10:57 ID:i6QjkWJA0
はるほどねーw

148 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 12:58 ID:5TWmU7xk0
為になるねぇ〜w

149 名前: 投稿日:2017/03/21 22:24 ID:e8PfDewI0
dameになるねぇw

150 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/21 23:32 ID:lHCiIHUY0
 

151 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/22 12:48 ID:pocnwoFA0
せやせや

152 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/22 18:06 ID:.BMs4Z720
また、聖書の次に世界的に出版されており[要出典]、ベストセラー小説・ロングセラー小説である。
2002年5月8日にノーベル研究所と愛書家団体が発表した、世界54か国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で1位を獲得した。


153 名前: 投稿日:2017/03/22 18:57 ID:r.uNZAFw0
dameになるねぇw

154 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/22 23:34 ID:SMCG2SXM0


155 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/23 09:05 ID:gLPcrCpU0
いいね👍

156 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/23 09:20 ID:/I43CAeM0
せやなぁw

157 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/23 10:58 ID:t97JL1aU0

毎回、毎回、ここは、お前の日記かよ

自演野郎

158 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/23 14:44 ID:yuxEms1Q0
前編の正式な原題は、"El ingenioso hidalgo Don Quijote de La Mancha"[2]。
セルバンテスは前篇の序文の中で、牢獄の中でこの小説の最初の構想を得たことをほのめかしている。
彼は生涯において何度も投獄されているが、おそらくここで語られているのは税金横領の容疑で入獄した1597年のセビーリャ監獄のことであろう
(ただし、「捕虜の話」など話の本筋ではない挿話のいくつかは、それ以前に書いたものである)[要出典]。
セルバンテスは釈放後、バリャドリードで多くの家族を養いながら前篇を書き上げ、1605年にマドリードのファン・デ・ラ・クエスタ出版所から出版した。
前篇はたちまち大評判となり、出版した年だけで海賊版を含め6版を数え、1612年には早くも英訳が、1614年には仏訳が登場した。
だが作品の高い評価にもかかわらず、版権を売り渡してしまっていたためセルバンテスの生活は依然困窮していた。

159 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/24 10:51 ID:bFCrFsSI0
ほうほう。

160 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/24 12:18 ID:GZBDj2tE0
なるほど


161 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/24 16:45 ID:Xn15bgAk0
為になるね

162 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/24 19:51 ID:zAcG2MhI0

自分で自分に答えちゃったよ

163 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/24 22:36 ID:lUavQq720
話し相手がいないからな

164 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/25 13:38 ID:htnHD1XA0
後編は、"Segunda parte del ingenioso caballero Don Quijote de La Mancha"[3]として1615年に同じくファン・デ・ラ・クエスタ出版所から出版された。
前篇と同様に大評判となったが、セルバンテスは相変わらず貧しいまま、1616年に没した。


165 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/25 14:03 ID:arbP58TY0
このスレ、ドンキのステマスレだね

166 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/25 20:53 ID:e0EqKXOU0
前篇はセルバンテスの短編集としての色合いが濃く、作中作「愚かな物好きの話」(司祭たちが読む小説)、
「捕虜の話」、「ルシンダとカルデーニオの話」など、ドン・キホーテとは直接のかかわり合いのない話が多く挿入されている。
また、前篇の第一部(ドン・キホーテ単独の一泊二日の遍歴)も、ひとつの短編小説としての構成をもっている。
後編ではこの点を作者自身反省して、脱線を無くしている。

167 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 02:18 ID:Qg/b.0VY0
誰のためにも成らないけどね

168 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 03:33 ID:YES9J4..0


ステマ宣伝ウザい

169 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 08:24 ID:ypxkByiE0
贋作『ドン・キホーテ』1614年、アベジャネーダ(スペイン語版)と名乗る人物が『ドン・キホーテ』の続編を発表した(原題:Segundo tomo del ingenioso hidalgo don Quijote de la Mancha[4])。
だがこれはセルバンテスが書いたものでもなければ、許可を取ったものでもない。すでにベストセラーとなっていた『ドン・キホーテ』の名前を利用しただけの贋作である。
セルバンテスが後編執筆中に出版されたため、『ドン・キホーテ』後編のなかで、この贋作が『ドン・キホーテ』前編とは無関係であることを何度も主張し、
さらには続編のドン・キホーテに対抗して行き先をサラゴサからバルセロナに変更している。

170 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 12:00 ID:YES9J4..0


ステマ宣伝ウザい


171 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 15:51 ID:fqZYWloo0
為になるねぇ〜w

172 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 18:28 ID:YES9J4..0


ステマ宣伝ウザい


173 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/26 19:45 ID:ceP9uiEY0
為になるねぇ〜w

http://shizu.0000.jp/read.php/izu/1489652246/45-

174 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/27 11:27 ID:P8rnHNYc0
アベジャネーダの正体は、300年以上も謎のままであったが、現在では1988年マルティン・デ・リケールが提起したヘロニモ・デ・パサモンテ説が有力となっている。
この人物は、後述するヒネス・デ・パサモンテのモデルになった人物であり、セルバンテスとともにレパントの海戦を戦って捕虜になったアラゴン人である。


175 名前: 名無しさん 投稿日:2017/03/27 13:20 ID:/4uyqywY0


ステマ宣伝ウザい


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/izu/1486262839/