■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 最新50 新着レスの表示

【学テ】困った静岡県知事【平太威張る!】

1 名前: 名無しさん 投稿日:2014/09/19 19:53 ID:.v/2qLxw0
知事の独断抑え利かず 学テ結果公表問題
(2014/9/19 14:10)


 川勝平太知事が県内市町教委の同意を得ずに全国学力テストの上位校の校長名や市町別平均正答率を公表した問題で、市町教委や学校関係者から文部科学省に対し、川勝知事への積極的な指導や是正要求を求める声が上がっている。
 ただ、文科省は「子どもへの実害が明らかでないと、知事への指導は難しい」と責任追及に及び腰。首長の影響力を強める来春の新教育委員会制度導入を控え、“暴走”する首長に歯止めを掛けられない「教委制度の欠陥」(県内教育関係者)が露呈している。

◇責任押し付け懸念
 下村博文文科相は「違法行為。知事の権限を逸脱している」と発言し、地方教育行政法違反との認識を示す。文科省は8日、担当者を静岡県庁に派遣して県教委幹部から事情を聴いた。だが知事には事情を聴かず、報告も求めていない。
 文科省学力調査室は「県教委の報告を待って知事への対応を検討する」と説明するが、県教委内には「県教委に責任を押し付けて終わりになるのでは」との見方がくすぶる。

◇「おとがめなし」 
 過去に大阪府や秋田県の知事が独断で市町村別結果を公表したが、文科省は知事を指導していない。昨年、川勝知事が校長名を公表した際も県教委に指導したが、知事に対しては大臣が記者会見で批判しただけだった。
 川勝知事は今年の公表前、「昨年は(文科省から)おとがめを受けていない」と発言していた。県教委の加藤文夫委員長は「昨年、越権行為と文科省が取り上げて実情をチェックしていれば今年の公表はなかった」との認識を示す。

◇不参加の検討も
 小学校長の一人は「指導の対象は県教委ではなく知事ではないのか」と弱腰の文科省に不信感を抱く。文科省が打ち出した公表違反後のデータ提供制限には再発防止の効果を疑問視する関係者も。公表違反の常態化を受け、県内のある自治体は来年度学力テストの不参加も検討する。
 静岡大教職大学院の島田桂吾講師は「罰則などを設けると中央集権的な発想になる」と指摘し、「地方自治の観点から、首長と教委だけでなく議会や住民も含めてお互いにチェックし合う意識が大切」と話す。

◆文部科学相の知事や市町村長への関与 事務処理の適正化を促す「指導」や、違反の是正・改善のため必要な措置を講じるよう求める「是正要求」が可能。ただ、指導は法的拘束力がなく、是正要求も対応は自治体の裁量に委ねられている。沖縄県竹富町の教科書採択問題で文科相は県教委に是正要求を初めて出したが、県教委は動かず、実効性がないことが露呈した。






続きを読む

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/news/1411124032/