■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 新着レスの表示

上陸♪ classmate静岡

74 名前: 名無しさん 投稿日:2017/11/07 10:48 ID:1/rHPpmU0
2017.11.7 06:00
【お笑い韓国】韓国潜水艦隊に忍び寄る影…ドイツ「大西洋の狼」の“開店休業”に見える儚い実力(1)

 ドイツ海軍の潜水艦(Uボート)6隻全てが運用不能になっていたことがこのほど明らかになった。背景にあるのは予算不足による予備部品の不足。ほぼ同型
の潜水艦を使っている韓国海軍の潜水艦はより大規模に欠陥や故障が多発しており、解決策は見えていない。
◆最後の1隻が…
 軍事専門サイト「ディフェンス・ニュース」などによると、ドイツ海軍のU−35潜水艦が10月15日、ノルウェー沖を航行中に潜行しようとしたところ、
後部のX字型の操舵翼の1枚が故障し、修理のため造船所戻りを余儀なくされた。U−35はスウェーデン南東部とデンマークの間にあるスカゲラク海峡での演
習に参加する予定だった。問題はこのU−35が、ドイツ海軍で唯一まともに動けた潜水艦だったことだ。
 残る5隻の状況は、U−31はドッグで定期検査修理中。U−33とU−36は来春までの予定で修理中で、U−32とU−34は故障し整備が必要なものの、
入れるドックがなく、ドックの空き待ちという状態だ。ただ1隻、稼働状態で残っていたU−35が故障したことで、ドイツ潜水艦隊は“沈黙”するはめに。
 ディフェンス・ニュースによると、ドイツ海軍のスポークスマンのヨハネス・ダムレセ氏は「予算削減の圧力でスペアパーツの調達に問題がある」と指摘。
「冷戦中はそうした予備部品の確保を重視していたのだが」と述べているという。
◆冷戦の終わり
 第一次、第二次の両世界大戦で、Uボートはドイツ海軍の主力だった。第二次大戦では連合軍の商船約3千隻、空母2隻、戦艦2隻を沈め、英首相チャーチル
は「私が本当に恐れたのはU−ボートだけだ」と言うほど、心胆を寒からしめた。「大西洋の狼」とあだ名されたのも伊達ではない。
 第二次大戦終結後、その建造技術は米ソが手中に収め、現在の戦略原潜へと発展していく。
 潜水艦戦のエース(エース・オブ・ディープ=深海のエースと呼ばれる)のオットー・クレッチマーら有能な潜水艦乗りも戦後の西ドイツ海軍に復帰し、後継
を養成。北大西洋条約機構(NATO)の一員として冷戦時代に軍務を続けた。
 ところが21世紀のいま、事情は大きく変わった。第二次大戦時には300隻体勢を目指したドイツ潜水艦隊が、いまや6隻。しかも全艦動けず“開店休業”
状態とは、誰が予想できただろうか。 この状況を決して見過ごせないのが、ドイツから遠く離れた韓国海軍だ(笑)。
http://www.sankei.com/west/news/171107/wst1711070003-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/171107/wst1711070003-n2.html


続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/pinpub/1340065120/