■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50 新着レスの表示

最近統合失調症の犯罪が増えている

272 名前: 名無しさん 投稿日:2017/11/07 00:10
警察までを欺く、その果てしのない虚言癖…


そもそも127人もの女性を大久保清はいかにして誘ったのでしょうか?当時の群馬では珍しい最先端のファッションにスポーツカー、大久保清はフランス帰りの画家を装っていました。女性のタイプによって巧みに嘘をでっちあげました。例えば、ファッショナブルな女性なら「絵のモデルになっていただけませんか?」と。フランス語混じりの会話に画家をアピールするベレー帽とスポーツカーがトレードマークでした。ターゲットは学生やOLと若い女性ばかりでした。そして女性を信用させる小道具として、車には洋書や美術品がおかれていました。当時はまだお見合い結婚の割合が高く、誰もが恋愛に憧れていた時代。柔らかな物腰と知的な会話は女性たちを夢見心地にしました。実際、3人に1人は大久保清の車に乗ったと言います。被害に遭わなかった女性の中には「優しい人だった」と言っている人もいたそうです。しかし、夜になる大久保清は豹変し、人気のない所へ連れ出しては強姦し、これで自分たちは恋人だと悦に入りました。そんな大久保清を激高させ殺人に走らせたのが、大久保清の存在を否定する言葉でした。



芸術家の仮面をかぶった連続強姦殺人鬼の素顔は前科6犯、無職で妻子とは別居中でした。親に甘えて買い与えられたスポーツカーを乗り回し、ガールハントのため1日に平均160kmも走っていました。そんな凶悪犯罪者の巧みな嘘に翻弄されたのは女性だけではありませんでした。何と警察までもが大久保清の嘘に翻弄され証拠不十分で釈放というところまで追い込まれていたのです。




続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/rounge/1434472761/