■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50 新着レスの表示

静岡県高校選抜応援スレ

1 名前: 名無しさん 投稿日:2004/05/16 23:47 ID:zbKcPixM
今年の国体はどうなることやら。
いいかげんに優勝してほしいものです。
みなさんの応援どーぞ↓↓

765 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/20 21:04 ID:Wz5v9UUc0
地に落ちた静岡サッカー。敗因は?
昭和の時代から、いつまでもサッカー王国静岡のつもりで、
アグラをかいていた協会のボンクラどもの責任は重い。
今大会のメンバーも、エスパ・ジュビロ・アカデミーの候補を並べ
表向きだけドリームチームにしただけ。
野球でいえば4番を並べた巨人軍の采配と一緒。
前置きはさておき、協会はやる気あるの????。
2015の国体候補の選手を見たが、新顔は数名ほど。
もう少し頭使って、体動かして、知恵絞って、他の有能な選手を探せや。
選手に指導する時は、似たような事言ってんだろ?

頭悪い協会関係者だから、俺の言ってることも理解できねーかな。


766 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/20 21:15 ID:Wz5v9UUc0
本当にヤバイぞ。
静岡県民は、もっと吠えろよ。
いいのか?このままで。サッカー王国が崩壊するぞ

誰か吠えろよ、協会に対して。怒怒怒…………………

767 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/20 23:20 ID:2BuWtiJE0
昔からさぁ静岡ってセンタープレイヤーはいっぱいいるけど、スペシャリストって育たないっていうか育てるのが下手っていいうか、そんな感じがするんだよなぁ。
県協会も本気でポジションごと強化図らないと伸びしろある子も芽が出ないよね。
今回の国体で代表ばかり集めといて初戦敗退とかしたら・・・と思ったけど本当に負けて笑えないよね。
しっかりしろよスタッフ!!

768 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/21 20:28 ID:mGW90VWc0
誰かーいるー


769 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/21 22:55 ID:2VWDnFv.0
>>767
確かに!
トレセンで選ばれるのはそんなタイプばかり。
パスは良く回るけど何にも恐くない。

770 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/21 23:45 ID:9NITfPPw0
市トレだ県トレだ〜と、4種の頃から騒ぎ立てている
サッカー小僧の親も、少しは考えてみろよ。
無能な協会関係者で組織されているトレセンは、そんなに名誉か?
静岡県のトレセンごときに右往左往しているようじゃ、
子供の成長も、その程度だぞ。


771 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/21 23:50 ID:9NITfPPw0
ついでに、
静岡県の協会関係者って頭悪い奴多いよな。知能指数が低い。
サッカーバカというか…。

今時の子供にはバカな指導は理解できないかも。


772 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/22 00:10 ID:oo2.3tvQ
まぁ、入れなかった奴はそう言うわなw

773 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/25 14:52 ID:Oj/6Nii60
<長崎国体>サッカー少年男子 初戦敗退

 ▽少年男子1回戦
大分(選抜) 0(0―0 0―0 延長0―0 0―0 PK5―4) 0 静岡(選抜)

 【評】静岡はボール支配率で上回ったが最後の精度に欠け、大分を崩し切れなかった。
 序盤から下口を中心に中盤を支配。左右から押し込んだが、クロスやラストパスのミスが目立った。相手の背後を突いた山田や中野の至近距離のシュートはGKに阻まれ、FKの好機も生かせなかった。守備でも素早いプレスで相手には決定機を作らせなかったが、PK戦で力尽きた。

◇攻めきれずPK負け
 圧倒的に押し込みながら1点が遠く、PK戦後に待っていたのは残酷な結末だった。2年連続初戦敗退の現実を受け止めきれず、静岡イレブンの涙が止まらない。「決して選手の力が劣っていたとは思わない。個の力に頼った僕の責任」。報道陣に囲まれ、真っ先に頭を下げた大野監督(韮山高教)の目も充血していた。
 球は保持しているのに大分の厚いブロックに手を焼き、じりじりと時間だけが過ぎた。焦りが焦りを生み、攻撃が雑になる悪循環。後半終了間際、中野(清水ユース)の飛び出しから生まれた数少ない決定機は相手GKに阻まれた。
 唯一2年連続出場の主将立川(磐田ユース)は「みんな慌てていた。冷静になれば2、3点は取れていた」と声を絞り出した。
 U―16(16歳以下)日本代表DFの下口らJFAアカデミー福島の選手が今年から本県代表に加入した。大分ユース5人を中心とした相手に対し、静岡は清水ユース、磐田ユース、福島の選手で16人中14人を占めた。頂点を狙うだけの戦力は整っていたはずだった。
 「僕たちのステージはここで終わりじゃない。静岡の一員として、静岡に恩返しできるように力をつけたい」。PK戦でGKに阻まれた下口は涙を拭った。

◇「2年連続」は初
 サッカー少年男子が2年連続で初戦敗退したのは初めて。昨年は埼玉に0―1で敗れた。王国再建へ、険しい道のりが続いている。
 総務として帯同した梅田和男県サッカー協会2種(高校)技術委員長(静岡東高教)は「勝負どころで点が取れなかった。タレントがいないわけではなかったが、機能しなかった」と総括した。
 JFAアカデミー福島の選手が加入した今年は戦力的にも充実していた。しかし、関係者からは「移動距離の問題や各チームとのスケジュール調整の難しさから、国体に向けたチーム練習をするのが年々難しくなっている」との声も漏れた。

774 名前: 名無しさん 投稿日:2014/10/27 08:52 ID:oCbnjDH20
第69回国民体育大会 サッカー競技 少年男子 1回戦

【静岡県(少年男子)】
GK 1 水谷 駿介(1年)
DF 3 立田 悠悟(1年)
DF 4 森岡 陸 (1年)
DF 5 下口 稚葉(1年)
DF 15 宮本 英治(1年)
MF 6 梅村 豪 (1年)
MF 8 立川 嶺 (2年)(C)
MF 11 望月 陸 (1年)
MF 14 飛鷹 啓介(1年)
FW 9 山田 柊斗(2年)
FW 10 延 祐太 (1年)
<交代選手>
GK 12 細川 脩造(1年)
DF 2 松下 聡太(1年)
MF 7 池田 太成(1年)
MF 13 久米 皓次郎(1年)
FW 16 中野 優太(1年)
<監督>
 大野 浩史

[試合経過]
【前半開始】
2分 静岡 FK (直接FK)
3分 静岡 SH 8立川 嶺 (2年)(右足)
3分 静岡 CK 8立川 嶺 (2年)(左CK)
3分 大分 FK (直接FK)
4分 大分 FK (間接FK・オフサイド)
4分 静岡 GK
8分 静岡 GK
9分 静岡 GK
10分 静岡 FK (直接FK)
12分 大分 GK
14分 静岡 CK 15宮本 英治(1年)(右CK)
16分 大分 GK
17分 静岡 FK (直接FK)
20分 静岡 FK (直接FK)
21分 静岡 GK
21分 静岡 FK (直接FK)
22分 静岡 SH 9山田 柊斗(2年)(右足)
22分 大分 FK (直接FK)
23分 大分 FK (間接FK・オフサイド)
24分 大分 FK (直接FK)
24分 大分 CK 11村井 義己(1年)(右CK)
26分 大分 GK
28分 大分 FK (直接FK)
31分 大分 GK
33分 大分 FK (直接FK)
35分 静岡 FK (直接FK)
【前半終了】
【後半開始】
37分 静岡 CK 8立川 嶺 (2年)(左CK)
38分 大分 FK (直接FK)
40分 静岡 FK (直接FK)
42分 大分 SH 16吉平 翼 (2年)(右足)
44分 静岡 FK (直接FK)
44分 静岡 SH 9山田 柊斗(2年)(右足)
45分 大分 GK
47分 大分 SH 7永松 涼介(1年)(右足)
47分 静岡 GK
48分 静岡 FK (直接FK)
48分 静岡 SH 4森岡 陸 (1年)(ヘッド)
50分 大分 FK (間接FK・オフサイド)
52分 静岡 FK (直接FK)
52分 大分 11村井 義己(1年) → 9末永 佳希(1年)
52分 静岡 10延 祐太 (1年) → 7池田 太成(1年)
55分 静岡 CK 15宮本 英治(1年)(右CK)
56分 静岡 CK 8立川 嶺 (2年)(左CK)
57分 大分 FK (直接FK)
58分 静岡 FK (直接FK)
59分 静岡 9山田 柊斗(2年) → 16中野 優太(1年)
59分 大分 FK (間接FK・オフサイド)
60分 大分 GK
61分 静岡 SH 5下口 稚葉(1年)(左足)
62分 大分 GK
62分 静岡 FK (直接FK)
65分 静岡 FK (直接FK)
66分 大分 FK (直接FK)
67分 静岡 FK (直接FK)
68分 大分 FK (直接FK)
70分 大分 SH 16吉平 翼 (2年)(右足)
70+2分 大分 FK (直接FK)
70+2分 静岡 SH 7池田 太成(1年)(右足)
【後半終了】
【延長前半開始】
71分 静岡 GK
74分 大分 13日隈 心靖(1年) → 5中島 翔太(1年)
75分 大分 GK
79分 静岡 11望月 陸 (1年) → 13久米 皓次郎(1年)
80分 静岡 GK
【延長前半終了】
【延長後半開始】
84分 大分 FK (間接FK・オフサイド)
85分 大分 10上原 成貴(2年) → 12エカ 優人(中3)
87分 静岡 CK 15宮本 英治(1年)(右CK)
88分 静岡 SH 8立川 嶺 (2年)(ヘッド)
88分 大分 GK
88分 大分 GK
90分 静岡 FK (直接FK)
90分 大分 ■ 5中島 翔太(1年)(反スポーツ)
90分 大分 FK (直接FK)
90+2分 大分 FK (直接FK)
90+3分 大分 FK (直接FK)
【延長後半終了】
PK戦 静岡(1) 8立川 嶺 (2年) ○
PK戦 大分(1) 16吉平 翼 (2年) ○
PK戦 静岡(2) 13久米 皓次郎(1年) ○
PK戦 大分(2) 7永松 涼介(1年) ○
PK戦 静岡(3) 7池田 太成(1年) ○
PK戦 大分(3) 4広瀬 椋平(1年) ○
PK戦 静岡(4) 3立田 悠悟(1年) ○
PK戦 大分(4) 6山本 光彦(1年) ○
PK戦 静岡(5) 5下口 稚葉(1年) ×
PK戦 大分(5) 2小手川 雄紀(1年) ○
【PK戦終了】
【試合終了】

【試合終了】

大分 0-0 静岡
0-前半-0
0-後半-0
0-延前-0
0-延後-0
5-PK戦-4

775 名前: 名無しさん 投稿日:2014/11/18 22:45 ID:D9jMHtHs0
[国体少年男子]大分県が周囲の評価覆すPK戦勝利!静岡県は初の2年連続初戦敗退・・・

[10.17 国体少年男子1回戦 大分県 0-0(PK5-4)静岡県 長崎県立百花台公園サッカー場(人工芝)]

 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」サッカー競技少年男子1回戦が17日に行われ、最多23回(選抜チームでは20回)の優勝を誇る静岡県と大分県との一戦は0-0でもつれ込んだPK戦の末、大分が5-4で勝ち、2回戦進出を決めた。大分は2回戦(18日)で石川県と対戦。一方、選抜チームでの出場が始まった1970年以降の全大会に出場している静岡県は初の2年連続初戦敗退となった。

 両チーム無得点のまま突入したPK戦。先攻・静岡の5人目、AFC U-16選手権日本代表MF下口稚葉(JFAアカデミー福島U18、1年)のシュートを大分GK真木晃平(大分U-18、1年)が右へ跳んでストップする。そして直後、気合を前面に出してゴールを守る静岡GK水谷駿介(清水ユース、1年)に対し、「ここまで来たら楽しむしかないなと思っていた」という大分の5人目・CB小手川雄紀主将(大分上野丘高1年)が右足を振りぬく。この一撃がゴールネットを揺らすと、大分イレブンの歓喜の輪が広がった。首藤謙二監督(別府羽室台高)は「守備はよく集中していた。だいぶん勝負強くなってくれたなと思います」と選手たちに目を細めていた。

 試合は立ち上がりから静岡がボールを支配する展開となった。個々の技術の高い静岡は下口や左MF立川嶺(磐田U-18、2年)が相手のプレッシャーをいなしながらボールを前へ進めていく。一方、大分は我慢の展開。ただ右SB広瀬椋平(大分西高1年)、小手川、戸高航汰(大分U-18、1年)、そして左SB上原成貴(大分南高2年)の4バックは集中力高く高いラインを維持。相手がボールを下げた瞬間に徹底して5m押し上げるなどコンパクトな守りを崩さない。また首藤監督が「中盤は取れないけれど追いかけてくれる。前に比べると地味だけれど、良くやってくれた」と評した中盤の選手たちも献身的な動きで奮闘。特に劣勢だった序盤を乗り越えると、その後は隙のない守備で相手に決定機をつくらせず、強豪に食らいついて行った。

 我慢する時間が続いたことも影響したか、大分はボールを奪っても慌ててしまうシーンが散見し、思うようなボール回し、攻撃をすることができなかった。前半のシュート数はゼロ。それでも前半終了間際にはカウンターから上原が鮮やかに相手2人を抜き去り、逆サイドまで動かして右FW吉平翼(大分U-18、2年)がクロスへ持ち込むなどチャンスもつくった。後半もしたたかに1チャンスを待ち続けて、吉平の縦への突破やFW永松涼介(大分高1年)の右足ミドルなどでゴールを狙った。静岡は後半9分、破壊力のある突破を見せていたFW山田柊斗(清水桜が丘高2年)が中央突破して一気にPAへ入り込む。だが大分は懸命のクリアで得点を許さない。静岡は13分にも左FKからファーサイドのAFC U-16選手権日本代表CB森岡陸(磐田U-18、1年)がヘディングシュートを放つが、この日はゴール前の迫力を欠いたこともあってシュート数を増やすことができない。森岡と立田悠悟(清水ユース、1年)の両CBは高さ、カバーリングの面でも穴を見せなかったが、1点が遠かった。

 後半終了間際はオープンな展開となって互いがチャンスをつくり合う。大分は後半35分、交代出場のMF末永佳希(大分U-18、1年)が左サイドを突破。その折り返しを吉平が合わせるが、静岡は左SB宮本英治(JFAアカデミー福島U18、1年)がブロックする。直後に静岡は下口の縦パスでFW中野優太(清水ユース、1年)が抜け出してGKと1対1となったが、大分GK真木がタイミング良く間合いを詰めてキャッチ。スコアは延長戦でも動かずにPK戦へ持ち込まれた。そして5人目の攻防で決着がついた。

 大分の選手たちにとっては周りの評価を覆す会心の勝利だ。真木は「まさか勝てるとは思わなかった。行く前に『どうせ負けるやろ』と言われたりして、そういう意味では勝ちたかったです」と笑顔で語り、小手川も「(メンバーから落選して)ここに来たくて来れなかった選手たちのことを考えたら『キツイから走れない』とかいうのは簡単にはできない。周りの関係者からすると、静岡が勝つのが妥当だったと思います。でも自分たち失うものは何もなかったので、チャレンジャー精神で泥臭く、どんな形でもいいから勝てればいいと思ってやっていた。それが勝ちに繋がった。個で見たら静岡の方が上だったので全員で戦いました」と喜んだ。

 サッカー王国・静岡に土をつけた喜びも束の間、18日には2回戦が行われる。小手川は「キャプテンという立場なので、自分が引いてしまったら終わりだし、自分が先頭に立って行くという強い意思を持っていく。(出られない選手たちから)『俺の分まで』というメッセージたくさんもらったので、応えられるように明日も身体張っていきたい」。静岡撃破の大分が、躍進へのスタートを切った。
 
(取材・文 吉田太郎)

776 名前: 名無しさん 投稿日:2014/12/31 14:56 ID:jKMIvNAM0
トレセン・ミニ国体・国体メンバーリスト【1998】

トレセン・ミニ国体・国体の選手を個人的に備忘録として残しているシリーズ。
ただ今年はミニ国体にも国体にも行けていないので、トレセンと静岡であったフェスティバルからリストアップ。
例年に比べてやや寂しいリストです。

☆静岡県
GK 秋山匠也 98.4.27 175/73 藤枝明誠高校 清水エスパルスJY
DF 梅村豪 98.4.27 168/54 清水エスパルスユース 清水エスパルスJY
DF 森岡陸 98.11.20 180/59 ジュビロ磐田U-18 ジュビロSS磐田
DF 立田悠悟 98.6.21 185/67 清水エスパルスユース 清水エスパルスJY
DF 松下聡太 98.10.23 172/62 ジュビロ磐田U-18 ジュビロ磐田U-15
MF 小宮嶺 98.1.22 160/56 静岡学園高校 クマガヤSC
MF 高橋央樹 98.1.18 165/51 藤枝明誠高校 Honda.FC.U-15
MF 池田太成 98.9.17 172/51 ジュビロ磐田U-18 ジュビロ磐田U-15
MF 久米皓次郎 98.4.8 172/62 ジュビロ磐田U-18 ジュビロ磐田U-15
FW 名尾隼 98.7.25 175/66 浜松開誠館高校 Honda.FC.U-15
FW 稲葉章将 98.4.3 165/58 静岡学園高校 清水エスパルスJY
GK 磯部勘太 99.1.19 181/72 ジュビロ磐田U-18 ジュビロ磐田U-15
DF 島津佳延 98.8.9 172/63 浜松開誠館高校 浜松開誠館中学
DF 久松真之 98.8.7 172/61 藤枝東高校 アスルクラロ沼津
MF 佐野皓平 98.4.30 174/58 清水エスパルスユース 清水エスパルスJY
MF 平松昇 98.11.26 156/44 清水エスパルスユース 清水エスパルスJY
FW 今泉富 98.11.17 164/53 浜松開誠館高校 浜松開誠館中学
FW 守屋俊紀 98.7.3 167/61 浜名高校 浜名JY

777 名前: 名無しさん 投稿日:2015/02/01 14:39 ID:R7EpJBio0
第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバル

期日

平成27年3月8日(日) AM9:20開門  雨天決行

対戦カード

U-16の部 10:20キックオフ(35分ハーフ)
U-16静岡選抜 VS U-16東京選抜
女子の部 12:00キックオフ(35分ハーフ)
静岡県女子ユース選抜 VS JFAアカデミー福島女子
男子の部 14:00キックオフ(40分ハーフ)
静岡県ユース選抜 VS 日本高校選抜

778 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/03 14:41 ID:rhZK8D0Y0
静岡県ヤングサッカーフェス 県選抜メンバー決定

 第30回県ヤングサッカーフェスティバル(県サッカー協会など主催)に出場する県ユース選抜、U―16(16歳以下)静岡選抜、県女子ユース選抜のメンバーが決まった。
 大会は8日、エコパスタジアムで開催され、「県ユース選抜―日本高校選抜」、「U―16静岡選抜―U―16東京選抜」、「県女子ユース選抜―JFAアカデミー福島女子」の3試合を行う。

 役員と選手は次の通り。
 【県ユース選抜】代表 杉山秀幸(富士市立高教)▽監督 川口敬則(掛川工高教)▽コーチ 廿日岩亮(気賀高教)伊藤圭佑(オイスカ高教)▽GKコーチ 羽田敬介(清水エスパルス)▽主務 大石知宏(静岡商高教)▽トレーナー 内山陽介(エム・エス・マイスター)▽選手 市川泰成、河上将平(東海大翔洋高)梅村豪、田口雄太、立田悠悟、村松航太、鈴木健太郎、白鳥速巳(清水ユース)大西遼太郎、森下龍矢、立川嶺、森岡陸(磐田ユース)加納澪、山ノ井拓己(静岡学園高)佐藤諒(藤枝明誠高)加藤衛司嘉(浜松開誠館高)
 【U―16静岡選抜】代表 梅田和男(静岡東高教)▽監督 鈴木伸幸(桐陽高教)▽ユースダイレクター 石井知幸(県サッカー協会)▽コーチ 安藤信也(ジュビロ磐田)村下和之(沼津西高教)松永健資(焼津水産高教)▽主務 小林公平(湖西高教)▽トレーナー 曽根洋明(エム・エス・マイスター)▽選手 牧野恋音、菅颯馬、金原颯、鳥羽隼(磐田ジュニアユース)鳥居大人、伊藤駿光、平岡卓磨、滝裕太、吉田峻、鈴木魁人(清水ジュニアユース)大石悠生、岡本和龍(ジュビロSS磐田)中矢裕貴、平本絃(東海大翔洋高)曽根大和(藤枝東FC)早川諒祐(ジュビロSS掛川)中野優太(清水ユース)鈴木理久(浜松開誠館高)
 【県女子ユース選抜】団長 吉岡太平(桐陽高教)▽代表 大橋秀彦(聖隷クリストファー高教)▽監督 小花浩司(NNH)▽コーチ 山口小百合(磐田市役所)伊藤大介(浜松海の星高教)山内伊織(藤枝順心高教)▽コーチ・主務 池谷彰吾(吉原高教)▽選手 中井宝子、上野遥、石津麻衣、藤浦恵里瑚、藤田桃加(磐田東高)石山実佳、斉藤瑠郁、富田紗希、鈴木愛理(藤枝順心高)大滝七星、飯島夏生、東原彩帆、中川未彩、鈴木千尋、寺尾莉樺、佐々木菜捺子、征矢遥、袴田菜月(常葉橘高)吉田亜佑美(吉原高)羽入桃花、井沢希、根本彩絵(桐陽高)高木夢菜(東海大翔洋高)

779 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/04 15:28 ID:m8rVralc0
ドイツ遠征など U―16静岡県選抜決まる

 静岡県サッカー協会は、今月末にドイツ遠征するU―16(16歳以下)県選抜メンバーと、甲信越静U―16大会(静岡新聞社など主催)に出場する県選抜メンバーを発表した。
 ドイツ遠征は21日から10日間の日程で、ドイツ西部のネッテタールを拠点に現地チームと練習試合をしたり、欧州選手権予選を観戦したりする。
 甲信越静U―16大会は24日から2日間、新潟県内で開催される。山梨、新潟、長野とリーグ戦で争う。
 【ドイツ遠征】団長 大川晃広(科学技術高教)▽副団長 後藤至(三島北高教)▽代表 梅田和男(静岡東高教)▽監督 鈴木伸幸(桐陽高教)▽コーチ 安藤信也(ジュビロ磐田)▽主務 小林公平(湖西高教)▽トレーナー 曽根洋明(MSマイスター)▽研修責任者 増田裕(伊豆総合高教)▽研修副責任者 武田直隆(静岡市立高教)▽研修コーチ 佐藤文彦(浜松高台中教)植松弘樹(島田商高教)新山真悟(浜松工高教)大久保翔悟(池新田高教)▽GK 牧野恋音(磐田JY)岡本和龍(ジュビロSS磐田)▽DF 鳥居大人、伊藤駿光(清水JY)大石悠生(ジュビロSS磐田)中矢裕貴、平本絃(東海大翔洋高)菅颯馬(磐田JY)▽MF 滝裕太、吉田峻、平岡卓磨(清水JY)曽根大和(藤枝東FC)金原颯、鳥羽隼(磐田JY)▽FW鈴木魁人(清水JY)早川諒祐(ジュビロSS掛川)中野優太(清水Y)鈴木理久(浜松開誠館高)
 【甲信越静大会】代表 池谷孝(清水エスパルス)▽総監督 石井知幸(県サッカー協会)▽監督 村下和之(沼津西高教)▽コーチ 佐野伸介(浜松天竜中教)▽主務 松永健資(焼津水産高教)▽トレーナー 湯山諒平(MSマイスター)▽GK 加藤智大(JFAアカデミー福島)松下裕哉(磐田JY)▽DF 馬渕昭樹(ホンダFC)今井翔太郎、八重樫尋斗(JFAアカデミー福島)伊藤洋輝、室田叶夢(磐田JY)萩原龍之介(アスルクラロ沼津)▽MF 松下祐也(ホンダFC)中岡駿汰(アスルクラロ沼津)宮田和哉(JFAアカデミー福島Y)高山登伊、山原怜音(JFAアカデミー福島)山田温人(ジュビロSS磐田)増田俊介(藤枝東FC)▽FW 田口仁也(ホンダFC)白井海斗(清水JY)中村竜(磐田JY)

780 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/07 07:13 ID:IGOKSKj20
ヤングサッカーフェスティバル2015 @エコパ

第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバルの概要が発表された。

U-16の部 10:20キックオフ(35分ハーフ)
U-16静岡選抜 VS U-16東京選抜

女子の部 12:00キックオフ(35分ハーフ)
静岡県女子ユース選抜 VS JFAアカデミー福島女子

男子の部 14:00キックオフ(40分ハーフ)
静岡県ユース選抜 VS 日本高校選抜


日本高校選抜
GK
1 志村 滉 (船橋市立船橋高/3年)
17 吉田 舜 (前橋育英高/3年)
21 脇野 敦至 (東福岡高/2年)
DF
2 小川 明 (履正社高/3年)
6 大野 佑哉 (山梨学院高/3年)
4 菊池 流帆 (青森山田高/3年)
5 渡辺 剛 (山梨学院高/3年)
3 野田 裕喜 (大津高/2年)
MF
7 久保 和己 (流通経済大柏高/3年)
13 平田 健人 (星稜高/3年)
10 渡邊 凌磨 (前橋育英高/3年)
9 澤田 篤樹 (流通経済大柏高/3年)
11 前川 優太 (星稜高/3年)
8 鈴木 徳真 (前橋育英高/3年)
14 森島 司 (四日市中央工高/2年)
12 旗手 怜央 (静岡学園高/2年)
FW
15 田場 ディエゴ (日大藤沢高/3年)
19 青柳 燎汰 (前橋育英高/3年)
16 末吉 塁 (初芝橋本高/3年)
18 一美 和成 (大津高/2年)
20 岩崎 悠人 (京都橘高/1年)


静岡県ユース選抜

市川泰成(東海大翔洋高)
山ノ井拓己(静岡学園高)
河上将平(東海大翔洋高)
梅村豪(清水ユース)
田口雄太(清水ユース)
立田悠悟(清水ユース)
村松航太(清水ユース)
鈴木健太郎(清水ユース)
白鳥速巳(清水ユース)
大西遼太郎(磐田ユース)
森下龍矢(磐田ユース)
立川嶺(磐田ユース)
森岡陸(磐田ユース)
加納澪(静岡学園高)
佐藤諒(藤枝明誠高)
加藤衛司嘉(浜松開誠館高)

U-16静岡選抜
牧野恋音、菅颯馬、金原颯、鳥羽隼(磐田ジュニアユース)
鳥居大人、伊藤駿光、平岡卓磨、滝裕太、吉田峻、鈴木魁人(清水ジュニアユース)
大石悠生、岡本和龍(ジュビロSS磐田)中矢裕貴、平本絃(東海大翔洋高)
曽根大和(藤枝東FC)早川諒祐(ジュビロSS掛川)中野優太(清水ユース)鈴木理久(浜松開誠館高)

静岡県女子ユース選抜
中井宝子、上野遥、石津麻衣、藤浦恵里瑚、藤田桃加(磐田東高)
石山実佳、斉藤瑠郁、富田紗希、鈴木愛理(藤枝順心高)
大滝七星、飯島夏生、東原彩帆、中川未彩、鈴木千尋、寺尾莉樺、佐々木菜捺子、征矢遥、袴田菜月(常葉橘高)
吉田亜佑美(吉原高)羽入桃花、井沢希、根本彩絵(桐陽高)高木夢菜(東海大翔洋高) .


今は無くなってしまったが、このヤングサッカーフェスティバルで最も面白い試合は、メイン試合の前座として行われていた清水エスパルスユース対ジュビロ磐田ユースのユースダービー の試合だった。
なぜその試合が面白かったのかというと、普段あまり注目されないユースの選手達が注目される中で行われるユース版静岡ダービーという事で、選手の試合にかける意気込みがフェスティバルの試合とは違った「マジ」の雰囲気があったからだ。
大勢の客の前で、ダービーで負けることが出来ない、クラブのプライドをヒシヒシと感じることが出来る試合だった。
だが、残念なことに今は静岡ユース選抜という事でユースの選手も静岡選抜に選ばれてしまうため、ユース静岡ダービーは無くなってしまった。

その静岡県選抜だが、今回選抜された選手たちに果たしてどれだけの「静岡県選抜のプライド」があるだろうか?
10年以上昔は、静岡県選抜は静岡でサッカーをする少年の憧れだった。
サッカー少年は皆、静岡県選抜のジャージに憧れていた。
ゴン中山もTVで、高校時代は静岡県選抜のジャージを身につけることが出来た事が誇りだったと言っていた。
国体がU−16化して、県選抜で臨むタイトルが無くなり、その存在意義が見いだせないまま続いている静岡県選抜。
憧れやプライドの無くなった選抜チームに存在意義は無い。

781 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/07 08:00 ID:Xv5sXseM0
日本高校選抜と戦う静岡県ユース選抜にFW加納、GK山ノ井、DF森岡ら

 第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバルに出場する静岡県ユース選抜、U-16静岡県選抜、静岡県女子ユース選抜のメンバーが決まった。

 日本高校選抜と対戦する静岡県ユース選抜には全国高校選手権で8強進出した静岡学園高のFW加納澪とGK山ノ井拓己が選出されたほか、磐田U-18のU-17日本代表DF森岡陸や14年U-17日本代表MF大西遼太郎、清水ユースの14年U-17日本代表DF村松航太らが選ばれている。

 またU-16東京都選抜と対戦するU-16静岡県選抜には14年U-16日本代表MF吉田峻(清水ジュニアユース)やともに14年U-16日本代表候補のDF伊藤駿光(清水ジュニアユース)とMF曽根大和(藤枝東FC)ら、JFAアカデミー福島女子と戦う静岡県女子ユース選抜には全日本高校女子選手権4強の藤枝順心高から4選手が選出されている。


[静岡県ユース選抜]
【コーチングスタッフ】
代表:杉山秀幸(富士市立高教)
監督:川口敬則(掛川工高教)
コーチ:廿日岩亮(気賀高教)
コーチ:伊藤圭佑(オイスカ高教)
GKコーチ:羽田敬介(清水)
主務:大石知宏(静岡商高教)
トレーナー:内山陽介(エム・エス・マイスター)

【選手】
市川泰成(東海大翔洋高)
河上将平(東海大翔洋高)
梅村豪(清水ユース)
田口雄太(清水ユース)
立田悠悟(清水ユース)
村松航太(清水ユース)
鈴木健太郎(清水ユース)
白鳥速巳(清水ユース)
大西遼太郎(磐田U-18)
森下龍矢(磐田U-18)
立川嶺(磐田U-18)
森岡陸(磐田U-18)
加納澪(静岡学園高)
山ノ井拓己(静岡学園高)
佐藤諒(藤枝明誠高)
加藤衛司嘉(浜松開誠館高)

[U-16静岡県選抜]
【コーチングスタッフ】
代表:梅田和男(静岡東高教)
監督:鈴木伸幸(桐陽高教)
ユースダイレクター:石井知幸(県サッカー協会)
コーチ:安藤信也(磐田)
コーチ:村下和之(沼津西高教)
コーチ:松永健資(焼津水産高教)
主務:小林公平(湖西高教)
トレーナー:曽根洋明(エム・エス・マイスター)

【選手】
牧野恋音(磐田U-15)
菅颯馬(磐田U-15)
金原颯(磐田U-15)
鳥羽隼(磐田U-15)
鳥居大人(清水ジュニアユース)
伊藤駿光(清水ジュニアユース)
平岡卓磨(清水ジュニアユース)
滝裕太(清水ジュニアユース)
吉田峻(清水ジュニアユース)
鈴木魁人(清水ジュニアユース)
大石悠生(ジュビロSS磐田)
岡本和龍(ジュビロSS磐田)
中矢裕貴(東海大翔洋高)
平本絃(東海大翔洋高)
曽根大和(藤枝東FC)
早川諒祐(ジュビロSS掛川)
中野優太(清水ユース)
鈴木理久(浜松開誠館高)

[静岡県女子ユース選抜]
【コーチングスタッフ】
団長:吉岡太平(桐陽高教)
代表:大橋秀彦(聖隷クリストファー高教)
監督:小花浩司(NNH)
コーチ:山口小百合(磐田市役所)
コーチ:伊藤大介(浜松海の星高教)
コーチ:山内伊織(藤枝順心高教)
コーチ・主務:池谷彰吾(吉原高教)

【選手】
中井宝子(磐田東高)
上野遥(磐田東高)
石津麻衣(磐田東高)
藤浦恵里瑚(磐田東高)
藤田桃加(磐田東高)
石山実佳(藤枝順心高)
斉藤瑠郁(藤枝順心高)
富田紗希(藤枝順心高)
鈴木愛理(藤枝順心高)
大滝七星(常葉学園橘高)
飯島夏生(常葉学園橘高)
東原彩帆(常葉学園橘高)
中川未彩(常葉学園橘高)
鈴木千尋(常葉学園橘高)
寺尾莉樺(常葉学園橘高)
佐々木菜捺子(常葉学園橘高)
征矢遥(常葉学園橘高)
袴田菜月(常葉学園橘高)
吉田亜佑美(吉原高)
羽入桃花(桐陽高)
井沢希(桐陽高)
根本彩絵(桐陽高)
高木夢菜(東海大翔洋高)

782 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/08 22:10 ID:xgoOMVzk0
U16県選抜
高円宮で深川に惨敗しているエスパの選手中心では、
東京選抜には勝てねえよ。

静岡県もここまで弱くなるとは。情けない。
今年の国体も期待できねえか ??

783 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/09 14:57 ID:CTmnWZRs0
第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバル U-16の部

U-16静岡選抜 1-3 U-16東京選抜

784 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/09 15:12 ID:faBk6CJk0
第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバル 男子の部

静岡県ユース選抜 0-1 日本高校選抜

785 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/09 15:30 ID:DHkd9OUA0
ヤングサッカーフェスティバル

静岡県ユース選抜 0ー1 日本高校選抜

得点
後半33分 20岩崎のパスを受けた10渡辺のシュート

得点には至らなかった決定機
前半13分 (日)18一美→14森島→12旗手がシュート放つも枠外
前半?分 (日)9久保からのパスを受けた19青柳のシュートがポスト直撃
前半?分 (静)6大西のパスカットからのスルーパスを受けた9加納のシュートをGKファインセーブ
前半27分 (静)10立川からのパスを受けた7森下のシュートをDFブロック
後半12分 (静)8河上のFK9加納がヘディングシュートをGKファインセーブ

静岡スタメン
      1市川
2梅村 5村松 4立田 3田口
    8河上 6大西
 16白鳥       7森下
    10立川 9加納
交代
後半12分 白鳥→13森岡
後半12分からシステム変更
   1
13 5 4 3
  2 6
 10 8 7
   9

後半17分 市川→12山ノ井
後半22分 加納→11佐藤(立田がFW、佐藤が2列目)
後半29分 立川→15加藤
後半29分 大西→14鈴木(鈴木が2列目、河上がDH)


日本高校スタメン
      17吉田
7久保 5渡辺剛6大野 9澤田
    8鈴木 14森島
 15田場       12旗手
    19青柳 18一美
交代
前半28分 吉田→21脇野
後半0分 久保→2小川
後半0分 渡辺剛→4菊池
後半0分 大野→3野田
後半0分 鈴木→11前川
後半0分 森島→13平田
後半0分 田場→20岩崎
後半0分 旗手→16末吉
後半0分 青柳→10渡辺凌

感想
フェスティバルらしく、大量の選手交代が行われ、全選手が出場となった。
静岡選抜は清水Yと磐田Yを中心にその脇を静学と翔洋が固める布陣。
日本高校選抜はSBのいない選抜チーム。(ベンチスタートの小川が唯一SBの選手)山梨学院のCB2人の両脇を流経柏の中盤の選手が固めるDFライン。寄せ集め選抜チームを効率的に短時間で固めるプレハブ型最終ライン。高校選抜は後半頭からに一気に8人選手交代。今後行われるドイツ遠征に向けて、現在のメンバーから2人減らすという事で、ドイツ遠征へのサバイバルということで、各選手に均等にチャンスを与えているという印象。
前半は高校選抜ペースで、後半は高校選抜が攻撃を組み立てられなくなりやや静岡ペース。後半試合が拮抗した中で10渡辺がワンチャンスを決めて試合を決めた。
日本高校選抜で印象に残ったのはGK17吉田のパントキック。非常に精度の高いキックを蹴っていた。ボールから手を放すときに回転をかけているようで、それによりボールに回転を与えた空気抵抗を受けにくい精度の高いライナー性のボールを蹴っていた。
静岡県ユース選抜で印象に残ったのは8川上。高い技術を活かして落ち着いて中盤でボールを動かし、静岡の攻撃の中心になっていた。またセットプレーのキッカーとしても精度の高いボールを何本も蹴っていた。

786 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/11 17:07 ID:x8uNIvak0
静岡県選抜が3連敗 ヤングサッカーフェス

 第30回ヤングサッカーフェスティバル(県サッカー協会など主催)は8日、エコパスタジアムで3試合を行った。今秋の国体優勝を目指すU―16(16歳以下)静岡選抜が1―3でU―16東京選抜に逆転負けするなど、県選抜は3連敗だった。
 U―16静岡選抜は前半7分、鈴木魁人(清水ジュニアユース)が右クロスを押し込んで先制したが、その後3失点した。
 県ユース選抜は0―1で日本高校選抜に敗れた。後半34分、左右に揺さぶられ、渡辺凌磨(前橋育英高)に決勝点を奪われた。県女子ユース選抜は0―2でJFAアカデミー福島女子に屈した。

U―16東京選抜 3(2―1 1―0)1 U―16静岡選抜
▽得点者【東】品田(なし)渋谷(小林幹)小林幹(なし)【静】鈴木魁(中矢)

JFAアカデミー福島女子 2(2―0 0―0)0 県女子ユース選抜
▽得点者【福】高橋(井芹)立花(遠藤)

日本高校選抜 1(0―0 1―0)0 県ユース選抜
▽得点者【日】渡辺凌(岩崎

◇ミスで逆転負け
 今秋の和歌山国体優勝を目標に掲げるU―16静岡選抜は先制しながら逆転負け。FC東京の下部組織メンバー7人を主体とした相手に押し切られた。
 最初の2失点は守備陣のミス絡みだった。鈴木監督(桐陽高教)は「現段階ではFC東京のスタイルを前面に出す相手が一枚上手だった」と認め、攻撃についても「縦への迫力が足りない」と課題を指摘した。
 チームは昨年11月に約60人を集めた合宿で始動した。今月末には36人をドイツ遠征組と新潟遠征組に分けて強化を図る。鈴木監督は「俺がやるんだという気持ちを見せろ。サバイバルだ」とチーム内の競争をあおる。
 本県の国体少年男子は2年連続初戦敗退中。主将を務めた中野(清水ユース)は「県代表の誇りと責任を持ってやらないと」と表情を引き締めた。

787 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/12 15:01 ID:Zw9bdIyI0
[3.8 ヤングサッカーフェスティバルU-16の部 U-16静岡県選抜 1-3 U-16東京都選抜 エコパ]

 次世代を担う若者の育成を目的に行われている「第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバル」が8日、エコパスタジアムで開催された。U-16の部ではU-16静岡県選抜とU-16東京都選抜が激突。東京が3-1で逆転勝ちした。

 国体少年男子の部優勝20回(単独チームの優勝除く)の静岡と13年国体優勝の東京という、今年の国体を占う“前哨戦”とも言える好カード。U-16日本代表MF吉田峻、FW鈴木魁人ら昨年の日本クラブユース選手権(U-15)大会で準優勝した清水ジュニアユースのメンバー6人やFW中野優太(清水ユース)、右SB中矢裕貴(東海大翔洋高)という早生まれの高校生1年生が先発した静岡に対し、東京はMF品田愛斗、CB長谷川光基(ともに現F東京U-18)ら昨年の全日本ユース(U-15)選手権で優勝したF東京U-15深川のメンバー4人に加え、U-16日本代表のFW半谷陽介や全国高校選手権で先発出場したCB知久航介(國學院久我山高)といった高校生たちが先発に名を連ねた。

 立ち上がりプッシュしたのは静岡。素早く前線へボールを当て、2列目の選手たちがスペースへ飛び出すなど前への意識高いサッカーを展開すると、局面ではテクニックを駆使して崩しにかかる。前半7分には中野がPAで巧みにキープし、右サイドを駆け上がってきた中矢がクロス。これを鈴木魁が左足ダイレクトでゴールへ沈めて先制点を奪った。

 押し込まれた時間帯に失点した東京だったが、スーパーゴールで流れを取り戻す。10分、カウンターから右中間をドリブルで駆け上がった品田が、相手GKが前目にポジションをとっていたところを見逃さずにハーフウェーライン付近から超ロングシュート。GKの頭上を越えた一撃はそのままゴールネットへ吸い込まれた。「自分はキックが特長。いいゴールだった。そのあと自分たちのペースに戻せたので良かったと思います」という10番の一撃でスコアは1-1となった。

 積極的に縦パスにチャレンジしながら攻撃を組み立てる静岡は14分、左SB伊藤駿光(清水ジュニアユース)のクロスが直接ゴールを襲い、21分には左クロスをFW曽根大和(藤枝東FC)が頭で狙う。だが、幅を使いながら攻める東京の攻撃の前に、静岡はプレスで寄せきることができず、自由を与えてしまう。仕掛ける回数を増やした東京は22分、大型MF小林幹(F東京U-15むさし→F東京U-18)が右中間をひとりで打開。スピードに乗ったドリブルで一気にゴールライン際まで切れ込んで折り返すと、中央のスペースを突いたMF渋谷黎聖(三菱養和SC調布ジュニアユース→三菱養和SCユース)が右足でダイレクトでゴールへ押し込んだ。

788 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/12 15:33 ID:Mdf5PShE0
「サポートの距離ということと、3人目の動き出しを意識してやろうということで取り組んでいる」と東京・坂井千明監督(清瀬市立清瀬四中)。個の力と、連動した守備などチームとしての良さも発揮し、前半だけで試合をひっくり返した東京は後半、「スペースを与えちゃったらあの子たち(東京)は上手い。でも、もう1m、2m寄せたら多分ゲーム変わってくると(ハーフタイムに)言って入った」と鈴木伸幸監督(桐陽高)が振り返る静岡に押し返された。7人を交代して後半に入った静岡はその開始直後に中野がクロスバー直撃の左足シュート。守備から流れを引き戻した静岡は吉田を軸にボールを動かすと、FW鈴木理久(浜松開誠館高)が前線でポイントとなり、左SB平本弦(東海大翔洋高)の攻撃参加がチャンスを生み出す。

 それでもMF金原颯(磐田U-15)の右足ミドルをGK早坂勇希(川崎F U-15→川崎F U-18)が横っ飛びで防いだほか、知久と長谷川を中心に最後のところで踏ん張る東京は同点ゴールを許さない。逆にMF池谷祐輔(川崎F U-15→川崎F U-18)のラストパスから小林幹が決定的な右足シュートを放つなど攻め返した東京は33分、相手GKのミスパスをインターセプトした鈴木幹が技ありのループシュートを決めて3-1。勝負の行方を決定づけた。

 13年の国体で39年ぶりとなる開催地Vの快挙を成し遂げた東京だが、昨年は激戦区の関東ブロック予選で敗退。国体本大会出場を果たすことができなかった。その反省点を共有しているという坂井監督は「(国体予選は)何がどうなるか全く予想できない。年度、年度ではなくて東京全体で取り組んでいければいい」と語った。また指揮官は東京からアンダーカテゴリーの代表入りを期待する。国体でアピールして代表入りへ。選手たちの意気込みももちろん強い。知久は「(国体は)いろいろな方から見られてたりする。プロになるための大事なアピールの場。(以前は)自分の立つ場所じゃないというのが少しあったけれど、最近呼んでもらって、最終的に日本一になるという目標がチームで統一されている。本格的に目を向けていきたい」と誓った。

 また小林幹は「2年前、東京国体でFC東京の先輩もたくさん出て、それをテレビで見たんですけれど、ボクたちも優勝したいと思っている。ひとつ上の先輩はミニ国体で負けている。今年こそは1位になって王者を奪還しなければいけないという責任を感じている。優勝目指していきたい」と意気込んだ。U-16東京選抜は春休みにマレーシア遠征を予定。個人、チームとして成長してまずは国体予選突破を目指す。

※所属チームは大会側が静岡・14年度、東京・15年度のものを発表。

(取材・文 吉田太郎)

789 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/12 16:08 ID:pFD48XOs0
王国復権へ、U-16静岡県選抜は「強さ」を求める

[3.8 ヤングサッカーフェスティバルU-16の部 U-16静岡県選抜 1-3 U-16東京都選抜 エコパ]

 今年、21回目(単独チームを除く)の国体優勝を狙うU-16静岡県選抜はFW鈴木魁人(清水ジュニアユース)のゴールで先制したものの、守備の甘さやミスを突かれて逆転負け。清水商高時代、93年度の全国高校選手権決勝で決勝ゴールを決めて日本一を経験している鈴木伸幸監督(桐陽高)は「一歩寄せられるか、寄せられないか。一歩寄せられる時間帯は多分面白くできたんだけど、特に前半は寄せられなく、スペースができちゃって相手にやられた部分があった」と課題を口にした。

 今年の静岡選抜は強さを求める――。その姿勢は見えた。静岡の選手たちの技術は間違いなく全国トップレベルにある。だが、大分県と戦った昨年の国体初戦で試合を優勢に進めながら0-0からPK戦で敗れたように、どこか力強さに欠ける部分があった。その点、この試合では勝負どころでもう一段階ギアを上げることこそできなかったものの、「最初に位置づけとしては、とにかく勝ちに行く、内容とかそういうのではなくて、勝つという結果を求めて行く。そういうことがないと結局内容はついてこない」という指揮官の下、前へ、前への姿勢が出た試合ではあった。

 鈴木監督は「この子たちはさすがに上手い。(だが)上手い子たちに上手いことを望むよりも、上手い子たちには強いことを望んだ方がいいかなと。そうしたら上手さがもう一個活きる。選抜(の短い期間)で上手くなるというよりも、プライドだったり、闘うというところを染みつけられるか」。中軸として期待されるU-16日本代表MF吉田峻(清水ジュニアユース)やFW中野優太(清水ユース)、またこの日は不在だったJFAアカデミー福島の選手たちも加わるであろう今年も静岡の技術面は高い。それに要所で走ること、頑張ることのできる強さ、貪欲に勝利を掴み取るメンタリティーを加えて、史上初となった2年連続国体初戦敗退からの立て直し、そして4年ぶりの国体制覇を目指す。

 上手さや内容で上回ることに固執せず、失敗を恐れることなくチャレンジしていく。鈴木監督は「強さって何かと言ったら行けるか、行けないかだと思います。このレベルのゲームなんか全部そうだと思います。行った結果で失敗して、『今度どうする』ということは、ある程度のレベルの子たちだから修正できる。やるというところから始めないといけない」と語った。

 今春はドイツ遠征を予定。国体と同じく5日間連続で試合を組んで、タフさを磨く。遠征メンバーとその父母の前で「全部勝ちに行くと言った」という鈴木監督。「観て楽しく、強い静岡」復活へ、選手、スタッフ全員で取り組んでいく。

(取材・文 吉田太郎)

790 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/14 10:14 ID:U/8cxm2A0
静岡県ユース選抜は、ナショナルGKキャンプメンバーの東海大翔洋GK市川が無失点

[3.8 ヤングサッカーフェスティバルU-18の部 静岡県ユース選抜 0-1 日本高校選抜 エコパ]

 日本高校選抜と対峙した静岡県ユース選抜のGK市川泰成(東海大翔洋高)とGK山ノ井拓己(静岡学園高)はいずれも2月末から大分県で開催されたナショナルGKキャンプメンバーに選ばれた実力派守護神だ。

 先発した市川は後半18分まで出場して無失点。「サイドがキーワードだったので、相手のサイドもカットインしてからのシュートが結構多かったんですけれども、(静岡選抜の)DFも身体張ってコース切ってくれて、枠に来ることはあまりなかったので、連係面では自分としてもチームとしても良かったと思います」と“格上”の日本高校選抜相手に無失点で切り抜けたことに納得の表情を見せた。

 市川は川崎Fの育成組織出身。「高校サッカー、静岡というサッカー王国に憧れた」という理由で伝統校の東海大翔洋へ進学した市川は昨年、その安定感高いプレーで東海大翔洋の6年ぶりとなる全国高校総体出場に貢献。PKで抜群の強さを発揮したチームメートのGK西垣拓海の活躍もあり、全国で1勝を挙げた。今年も総体、選手権予選で混戦の静岡を突破して全国大会に出場し、より上のステージまで勝ち上がっていくこと目標だ。

 昨年10月に続いて参加したナショナルGKキャンプでは「自分が日本でどのくらいか知れた。2回目ということもあってリラックスしてできた」という。身長181cmと決して長身ではないが、高いレベルの中で自分の“目立たない”特長を活かしたプレーで評価を高めている。「そこまでサイズがある訳でもないし、目立った特長がある訳ではないんですけれども、味方を上手く使って連係した守備という中でコーチングだったり、自分の細かなポジショニングとか目立たないところで勝負している」。そして至近距離からのシュートに対する反応も武器。U-18の選手では全国で10人だけが参加したナショナルGKキャンプやこの日、日本高校選抜相手に通用した部分、課題を見直して成長し、チームでの活躍に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)

791 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/15 06:44 ID:NbqyMp/k0
静岡県ユース選抜は日本高校選抜に惜敗もMF河上、FW立川らがアピール

[3.8 ヤングサッカーフェスティバルU-18の部 静岡県ユース選抜 0-1 日本高校選抜 エコパ]

 0-1で惜敗したものの、静岡県ユース選抜は地元観衆の前で好内容の試合を演じて見せた。キャプテンマークを巻いたCB村松航太ら清水ユースの4人で構成された4バックら守備陣が健闘。MF大西遼太郎(磐田U-18)と河上将平(東海大翔洋高)のダブルボランチが高い位置でボールを引っ掛けてカウンターを繰り出すシーンもあった。河上や立川嶺(磐田U-18)がキープ力を発揮しながらボールを運び、シュートチャンスを生み出した。

 そして前半19分には大西のラストパスからFW加納澪(静岡学園高)が決定的な右足シュート。28分には立川のチャンスメークからPAでDFを外したMF森下龍矢(磐田U-18)が右足を振り抜き、後半にも河上の右FKから加納が決定的なヘディングシュートを打ち込むなど日本高校選抜に冷や汗をかかせた。

 静岡県ユース選抜にとっては先に繋がる大会ではない。だが、静岡代表の意地を見せたと同時に、個々がアピールした。この日はU-18日本代表の内山篤監督が視察に訪れていたが、その中で存在感を示した選手もいる。再三正確なキックを見せていた河上は「自分の持ち味であるキックが少しアピールできたので良かったと思います。苦しい時にミスが多かったので、それを今後改善したいと思います」と語り、「(東海大翔洋の一員として)今年も全国に出て高いレベルのチームに勝つことが目標です。個人的には年代別の代表に選ばれたいし、日本高校選抜だったり、レベルの高いところでチャレンジしてみたいです」と今年の目標を口にした。

 静岡県ユース選抜の指揮を執った川口敬則監督(掛川工高)は「相手のミスとかで奪ってシュートまで行けていたチャンスもあったので、決めていられればなと思います。シュートを決めることと、チャンスをシュートで終われないこともあったのでそれは今回の課題だったかなと思います」。それでもチームの主力と目されていたMF旗手怜央(静岡学園高)が日本高校選抜に選ばれて対戦相手となり、FW大野椋馬(清水ユース)が負傷欠場した中で、静岡の強さも示した。

 次の活動となる夏のSBS杯国際ユース大会へ向けて、川口監督は選手たちに「(まずは)それぞれのチームでレギュラーになりなさい。磨いて経験していってほしい」と伝えたという。国体が06年からU-16の大会へ移行されている中、U-18の選手たちにとって県選抜の活動は貴重な競争の機会。所属チームで活躍し、将来へ向けてアピールするチャンスを掴む。

(取材・文 吉田太郎)

792 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/20 15:23 ID:nDWzAVBk0
[3.8 ヤングサッカーフェスティバルU-18の部 静岡県ユース選抜 0-1 日本高校選抜 エコパ]

 次世代を担う若者の育成を目的に行われている「第30回静岡県ヤングサッカーフェスティバル」が8日、エコパスタジアムで開催され、U-18の部では高校1、2年生で構成された静岡県ユース選抜が、3年生中心の日本高校選抜を迎え撃った。試合は後半34分に日本高校選抜MF渡邊凌磨(前橋育英高)が決勝点。日本高校選抜が1-0で勝った。

 欧州遠征メンバー選考の最終段階に入っている日本高校選抜はこの日、登録21選手全員を起用。4-4-2システムの先発はGK吉田舜(前橋育英高)、4バックは右から久保和己(流通経済大柏高)、渡辺剛(山梨学院高)、大野佑哉(山梨学院高)、澤田篤樹(流通経済大柏高)。中盤は鈴木徳真(前橋育英高)と森島司(四日市中央工高)のダブルボランチで右MFが田場ディエゴ(日大藤沢高)、左MFが旗手怜央(静岡学園高)、2トップには一美和成(大津高)と青柳燎汰(前橋育英高)が入った。

 一方の静岡県ユース選抜はGKが市川泰成(東海大翔洋高)。全て清水ユースの選手で構成された4バックは右から梅村豪、村松航太、立田悠悟、田口雄太の並び。中盤は大西遼太郎(磐田U-18)と河上将平(東海大翔洋高)のダブルボランチで右MFが白鳥速巳(清水ユース)、左MFが森下龍矢(磐田U-18)、そして最前線の加納澪(静岡学園高)のやや後方に立川嶺(磐田U-18)が位置する布陣をとった。

 試合は静岡県ユース選抜の川口敬則監督(掛川工高)が「(選手たちの)気合は入っていたと思うし、『足元救ってやるぜ』というのはありましたね。引かないで前からプレッシングしていけ、ということは常々言っていたので、孤立させることができたかなと思います」と語り、日本高校選抜の大野聖吾監督(大垣工高)は「きょうのゲームが一番入り方も難しいかなという気がしていたんですけれども、午前中のミーティングで言った通りの(悪い)形になってしまった(苦笑)。ノッキングを起こしていましたね。1対11で試合をやらされるような雰囲気でなかなか連動して、チームにならなかった。後半もどちらかというとしっかりと運べなかったので、相手の思っているところにしかボールがいかない状況だった。どこで変化をつけるかというところで、なかなか変化をつけられなかった」と首をひねる展開となった。

 格上相手にモチベーションの高い静岡は、攻め切られる前にボールを奪ってカウンターへと持ち込む。立川や河上が良くボールに絡んでボールを前に運ぶと12分には左サイドから繋いで河上が右足でフィニッシュ。19分には敵陣でインターセプトした大西がそのまま持ち上がり、右前方へラストパスを送る。そして右中間を抜け出した加納が決定的な右足シュートを放った。これは日本高校選抜GK吉田が反応してCKへ逃げたが、静岡県ユース選抜は28分にも立川の突破からDFを切り返しで外した森下が決定機を迎え、アディショナルタイムにも森下のループシュートがゴールを襲うなど4,138人が入った会場を沸かせてみせる。

 一方、渡辺剛と大野が高さを発揮し、GKが好守を見せた日本高校選抜も鈴木中心にボールを動かし、SBの攻め上がりを活かしてチャンスをつくっていた。9分に久保の右クロスを一美が頭で合わせ、14分には森島が一美とのワンツーから左サイドへはたき、旗手が左足を振りぬく。さらに16分には澤田のインターセプトから青柳の放った右足シュートがクロスバーを叩いた。そして36分には左サイドで2人の間を強引に突破した旗手が右足シュート。ワンツーでマークを外すシーンもあった日本高校選抜だが、1日前に集合したチームの連動性はまだまだ。静岡県ユース選抜守備陣が待ち構えているところを強引に攻めてボールを失うなど、いい形で攻撃することができない。

793 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/20 15:31 ID:ASvBL3eE0
 0-0で折り返した後半、日本高校選抜は前半30分に投入されていたGK脇野敦至(東福岡高)と澤田、一美を除く8選手をチェンジ。4バックは右から小川明(履正社高)、菊池流帆(青森山田高)、熊本の特別指定選手である野田裕喜(大津高)、そして澤田の並びとなり、中盤は前川優太(星稜高)と平田健人(星稜高)のダブルボランチ、右に岩崎悠人(京都橘高)、左に末吉塁(初芝橋本高)、前線は一美のやや後方に渡邊が構える陣容となった。

 静岡県ユース選抜は後半、ショートパスを繋いでグラウンダーで攻める時間を増やす。そして白鳥をDF森岡陸(磐田U-18)へスイッチした直後の後半13分、河上の右FKを上手くDF間へ飛び込んだ加納が決定的なヘディングシュート。だが、日本高校選抜はGK脇野が素晴らしいセーブで失点の危機を阻止する。静岡県ユース選抜は、日本高校選抜のGKが脇野から志村滉(市立船橋高→磐田)へ代わった後の22分にも加納が左足シュート。それでもメンバーを入れ替えても野田、菊池中心に守りの堅い日本高校選抜から1点を奪うことができない。日本高校選抜も岩崎や渡邊凌がボールを引き出し、末吉のスピードを活かしてスペースを突くが決定機をつくることができなかった。

 静岡県ユース選抜は18分に市川を山ノ井拓己(静岡学園高)、23分には加納をMF佐藤諒(藤枝明誠高)、30分には大西と立川をMF鈴木健太郎(清水ユース)とFW加藤衛司嘉(浜松開誠館高)へ入れ替えた。終盤にかけて1点をもぎ取りに行ったが、先制点を奪ったのは日本高校選抜の方。34分、最終ラインの背後を突いた岩崎が「前を見たら凌磨君がいい位置にいた。自分が行くよりも凌磨君に出した方が確実かなと思った」と左サイドの渡邊凌へラストパス。これを渡邊凌がゴールへ流し込んだ。

 日本高校選抜は1-0で勝ったものの、内容的には納得の行くようなゲームではなかった。唯一のプロ選手である志村は「良かった点よりも改善点とか、悪かった点の方が多かったと思う」と首を振る。「ただ去年の経験からすると、今のうちに日本で悪いプレーをして悪いところを分かっていた方が改善できる時間がまだある。去年は日本でいいプレーしていて(課題があまり出ずに)ヨーロッパで壁に当たってしまった。(今回海外遠征へ行くメンバーは)日本である程度通用している選手ばかりだと思う。日本のチームの技術は去年も通用していた。各選手の長所を合わせていけたらいい」。

 大野監督は欧州遠征へ向けて「向こうで本気で戦ってきたいなと思っている。自分たちがいかにチームになって、一人ひとりの良さをチームで引き出してあげられるようにしたい。みんなでどうサポートしながら、一人ひとりの特長を出せるのかやっていきたいと思っています」。この日、いろいろな組み合わせをテストする中で出た課題。残りの準備期間でそれを修正し、個人として、グループとしての良さを出せるようなチームになって世界と戦う。

(取材・文 吉田太郎)

794 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/23 07:49 ID:y4sg8YLU0
第8回 甲信越静U-16サッカー大会

2015年3月24日

10:00 静岡 - 長野 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ ピッチF
15:00 静岡 - 山梨 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ ピッチF

2015年3月25日

10:00 静岡 - 新潟 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ ピッチE

795 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/25 07:59 ID:cikjawbc0
第8回 甲信越静U-16サッカー大会

静岡 2-3 長野

796 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/25 08:36 ID:lNSIiBA60
第8回 甲信越静U-16サッカー大会

静岡 5-0 山梨

797 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/25 10:39 ID:uzrF2W2E0
静岡、初日1勝1敗 甲信越静U―16サッカー開幕

 静岡、山梨、長野、新潟4県の16歳以下の選抜チームが競う第8回甲信越静U―16サッカー大会(静岡新聞社、山梨日日新聞社、信濃毎日新聞社、新潟日報社など主催)は24日、新潟県の新潟聖籠スポーツセンターで開幕した。
 4県の総当たり方式で、初日は各県2試合を行った。静岡は2―3で長野に敗れたが、2試合目で山梨に5―0で勝った。
 負けなしの新潟が勝ち点5で首位。1勝1敗の勝ち点3で静岡と長野が並んだが、得失点差で静岡が2位につけた。山梨は勝ち点1。
 前後半80分での勝利には勝ち点3、PK勝ちには同2、PK負けには同1が与えられる。最終日の25日は「新潟―静岡」「山梨―長野」を行う。

長野 3(1―1 2―1)2 静岡
▽得点者【長】丸山、山中、瀬戸【静】高山、山原

静岡 5(0―0 5―0)0 山梨
▽得点者【静】山原、馬渕、中村2、中岡

798 名前: 名無しさん 投稿日:2015/03/27 15:02 ID:HWn3B0p60
第8回 甲信越静U-16サッカー大会

静岡 2-5 新潟

799 名前: 名無しさん 投稿日:2015/04/04 15:04 ID:cLwlrIIM0
静岡3位、新潟V 甲信越静U―16サッカー

 静岡、山梨、長野、新潟4県の16歳以下の選抜チームが競う第8回甲信越静U―16サッカー大会(静岡新聞社、山梨日日新聞社、信濃毎日新聞社、新潟日報社など主催)は最終日の25日、新潟県の新潟聖籠スポーツセンターで残り2試合を行った。連覇を狙った静岡は2―5で新潟に敗れ、1勝2敗で3位だった。全勝の新潟が5大会ぶり2度目の優勝を果たした。
 大会は前後半80分での勝利に勝ち点3、PK勝ちに同2、PK負けに同1が与えられる。2位は1勝2敗の勝ち点4で山梨だった。静岡と長野が1勝2敗の勝ち点3で並んだが、得失点差で静岡が3位に入った。

新潟 5(3―0 2―2)2 静岡
▽得点者【静】山原、田口【新】広野2、大川2、五十嵐

800 名前: 名無しさん 投稿日:2015/04/04 15:59 ID:..wjZYxw0
10月にU―15国際大会 静岡県サッカー協会

 静岡県サッカー協会は、本年度の目玉事業として10月10日から3日間、静岡県の中学生選抜チームと海外強豪クラブが激突する「スルガカップ静岡国際ユースU―15(15歳以下)」(静岡新聞社・静岡放送後援)をエコパスタジアムで初開催する。5年後の東京五輪を視野に入れた静岡県選手の育成が狙い。中学年代の海外チームを招待する国際大会は全国でも珍しく、関係者の注目を集めそうだ。
 静岡県は15歳以下の有望選手で2チームをつくり、「県代表」「県選抜」(仮称)として出場する。海外からはブラジルのイトゥFCと、メキシコのプーマスFCの出場が決定しているほか、タイのクラブとも交渉中。2ブロックに分かれてリーグ戦を行った後、順位決定戦に進む。
 大会は県と同協会が6年前から実施する「静岡ゴールデンサッカーアカデミー」の一環で、これまで行ってきた育成事業の進捗(しんちょく)状況を見定める場にもなる。同協会の竹山勝自専務理事は「静岡の選手が海外クラブ相手にどれぐらい戦えるか。一つのバロメーターにしたい」と話す。
 スポンサーが付きやすい高校や小学生年代の国際大会はあるが、中学生世代は世界を経験する場が少なく、「はざまの年代」などと呼ばれる。同協会の石井知幸ユースダイレクターは「中学年代は身体的な発達が急激で、ぐっと伸びる世代。大会を機に、指導者のコミュニケーションの場が増えることも期待できる」と強調する。

◇伊東とイトゥ、交流再び
 ブラジル・イトゥFCの選手は大会前の3日間、チームの本拠地イトゥ市と交流を続ける伊東市に滞在する予定だ。サッカー教室や地元チームとの練習試合を通し、子どもたちが交流する。
 名前が似ている両市の交流は、日本代表が昨年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会でイトゥ市をキャンプ地にしたことを機に始まった。「伊東市・イトゥ市友好交流協会」も発足し、W杯以降も関係が続く。
 2月に県サッカー協会の竹山勝自専務理事がイトゥ市を訪問した際に親書を託した佃弘巳伊東市長は「子どもたちが国際交流を深め、伊東の取り組みを世界に発信する機会になる」と歓迎する。

801 名前: 名無しさん 投稿日:2015/09/27 08:12 ID:UK70jfjs0
速報求む!

802 名前: 名無しさん 投稿日:2015/09/27 22:16 ID:d0iRZE7g0
>>801
立ち上がりは佐賀の小柄な攻撃陣に押され、手を焼いたが後半2点取り、3年連続の不名誉な記録を樹立せずになんとか2−0で佐賀に勝利、ユースダイレクターもベンチ入ってた!
上富田同時展開で久しぶりに出場の和歌山が地元の大声援に応じ、東京に2−1で逆転勝ち。東京は監督?の一言(スタンドから伝わった話によると「和歌山は久しぶりだから少し遊んでやれ」と)で油断したらしい。こんな話はありえんし、作り話と思いたい。


803 名前: 名無しさん 投稿日:2015/09/28 20:21 ID:rpqehFeg0
国体少年男子2回戦
静岡0-2石川

804 名前: 名無しさん 投稿日:2015/09/28 20:39 ID:IeBLW1eQ0
王国静岡ってフレーズ、エスパルスも使っているけど、辞めた方がいいかもな。今や過去の歴史に過ぎない。サッカー協会は相変わらず殿様商売か。皆さんどう思います?静岡のサッカーについて。

805 名前: 名無しさん 投稿日:2015/09/29 01:43 ID:33WsWMz60
>>803>>804

過去の栄光、石川戦の後半見たら恥ずかしくて言えない。
足下のみの綺麗過ぎるプレーとかイージーなパスミス とか例をあげるとキリがない。
和歌山みたいに明らかな負け試合を地元の大声援を受けてミラクルを発揮できなかった。これも運を持っていない証拠だ。

806 名前: 名無しさん 投稿日:2016/06/16 20:55 ID:Y5Cv2gAg0
そろそろ国体静岡選抜の話題に触れようかな。
今年は何故か清水東の渡辺さんが指揮を取るらしい。
たまたまか、清東の早生まれがごっそり候補に挙がっている。
高2:松永、小林、永島 高1:出口、坂本など。

それでだな。我に帰って 静岡県はこのメンバーで勝てるかい?

807 名前: 名無しさん 投稿日:2016/08/15 09:55 ID:Ve67WxhA0
ミニ国体のメンバー情報求む!

808 名前: 名無しさん 投稿日:2016/09/26 06:09 ID:Bavhzu4k0
第71回国民体育大会(サッカー競技)少年男子

809 名前: 名無しさん 投稿日:2016/10/02 06:01 ID:dllQ.TQE0
 

810 名前: 名無しさん 投稿日:2016/10/03 11:28 ID:nzye4qmM0
国体1回戦負け。いまや静岡は北海道にも勝てなくなったのか…
タラレバの話になるが、甲信越静で優勝したメンバーは選ばなかったんだな。
結果を残している奴らなのに厳しいね


811 名前: 名無しさん 投稿日:2016/10/04 05:25 ID:ZhrfT/5g0
清水東が出場停止の選手を出してただでさえ少ない国体静岡選抜の人数を一人へらすところまで影響をあたえたのは本当か?これが本当だとしたら前代未聞だぞ

812 名前: 名無しさん 投稿日:2016/10/06 05:29 ID:dlkS7FC20
本当ですよ。明らかに国体監督のW氏の大失態。負けるべくして負けた。

813 名前: 名無しさん 投稿日:2017/10/02 10:56 ID:3M4luxl.0
国体の速報求む!


新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/soccer/1084718835/