■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 最新50 新着レスの表示

☆静岡の埋蔵金伝説☆

1 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/20 00:45
1952年に日本の漁船がある島に漂着した時に岩肌に角のある動物が彫られているのを
発見した。“ナガシマ”と云う日本人学者がそれに目をつけ、海賊記キャプテン・キッド
の財宝の話を思いついた。キッドのスペルは“Kidd”でコヤギは“kid”であることに
着目したのである。“ナガシマ”はそこを調査してある洞窟の中に入っていた。
そこには約5000万ドルの金貨や銀貨がはいった古ぼけた鉄の箱が、うず高く積まれていた。
彼はそれをひそかに日本に運んだが、その後なぜか、彼はその財宝とともに
姿を消してしまったと云う。
それが本当にキャプテン・キッドの財宝かどうかは定かではない


草薙の尊にはじまり、我が静岡にも由緒正しい歴史に因果関係がある
死んだじいちゃんがそんなこと言ってたなぁ・・・とか
例えば家康や信玄の埋蔵金など、そんな話を聞いたことはありませんか?


2 名前: 静岡じゃないけど 投稿日:2003/03/20 01:09
フィリピンにおいて「山下財宝」として伝説化され、その存在さえ疑問符がついていた純金のコインが一挙に168枚も出現した。

金貨の表面は「福」という文字がレリーフとなっているため「マルフク」と呼ばれる。

マルフクを購入した大谷雄司(株)ダルマコイン代表は、1999年9月、香港で開かれたコインオークションの席上、米国の大手コイン業者「ロナルド・ギリオ・コーポレーション」の代表から一括購入を持ちかけられた。

これまでスイスやパリのコイン市場にも時々マルフクは現れていたが、せいぜい5〜6枚程度でこれほど大量のマルフクは初めて。ロナルド代表は誰が売ったのかは2002年まで明かさないという契約のため、出所は不明。

 

第二次大戦末期、軍事物資製造に必要な白金が欠乏。軍票(軍が発行する紙幣)の信用は既になくなっていたため海外で白金を買うことができなかった。そのため、白金を持つフィリピン華僑と取引するため、慶事の文字を刻んだマルフク金貨を製造した。ちなみに「福」の他に「禄」「寿」「富貴萬年」などがあり、「禄」はシンガポール、「寿」は上海に渡ったと伝えられている。

1944年10月、フィリピン・ルソン島中部のクラーク飛行場に大将山下奉文が降り立った。その3ヶ月前、クラーク飛行場に厳重な梱包物が着いた。それがマルフクでおよそ1t。枚数にして2万枚前後と推定される。

しかし、11月、ルソン島の南、レイテ島が米軍の手に落ち、戦局は急を告げ、白金収集どころではなくなった。マルフク金貨は山下司令部のあったマニラ近郊、マッキンレー兵舎に保管されていたが、順次、いくらかは各部隊に分配され、他は山下司令部とともに運び出された。

敗戦を北部山岳拠点で知る山下司令部には、およそ700枚のマルフク金貨があった。これが投降直前、将兵に配られている。

骨と皮にやせ衰えている日本兵が金貨を持っている。収容所から流れ出した噂はさざまみのように広がった。日本軍の北部に向けた退却路はすべて「黄金の道」となり、特に破壊された日本軍トラックなどの周囲は、100m四方が掘り返されたという。「山下財宝」伝説の始まりである。

日本軍は投降する際、わずかな武器弾薬であっても、小銃以外、そのほとんどを埋めている。「日本軍が夜陰にまぎれ、何かを埋めていた」という話はよく聞くが、いつの間にか財宝を埋めていたことになっていったのである。

日本軍はマルフク金貨以外にも、大量のペソ銀貨を持っていた。また、華僑など裕福なものは金目のものを日本軍から隠すため、埋めたりしたことも考えられる。しかし、「黄金2000トン」などという「山下財宝」伝説は後に作られた話であり、真実からは程遠い物語である。

それでも、多くの財宝探したち(その中には50名近い日本人も含まれる)が血眼になって「山下財宝」を探している。



3 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/20 21:31
駿府城のどこかに徳川家の埋蔵金があるとかで
密かに発掘調査が続いているらしい。
だから未だに本丸の復元工事に着手できないらしいよ。
(元、県の教育委員会にいたうちの爺さんの話)

4 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/21 12:57
愛鷹山の天狗畑。
戦中に掘った人たちがいたが祟られて終了。

5 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/26 00:57
静岡県と名将とのつながりは深い
徳川、武田、北条など・・・・
海と山に囲まれた複雑な地形
江戸、京都との位置関係
霊峰富士、天竜川、大井川という大水脈も擁す
やはり隠し財宝の匂いがする。

6 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/27 10:25
徳川埋蔵金の噂は、古くから安倍川上流地域に伝わってます。
隠し金山→安倍川→金粉餅→きなこもち
このあまりにも有名なエピソードが何かを物語っているのです。


7 名前: 投稿日:2003/03/27 21:31
今川を忘れるべからず

8 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/27 22:34
島田の千葉山に25万両眠っている。

9 名前: 投稿日:2003/03/27 23:16
伊豆の山中深く
源氏復興のために頼朝が隠した金が眠る
後に北条氏が血眼になって探したものの
いまだに発見されてはいない。

10 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/28 09:23
>4
吉原の○屋旅館のおやじが掘ったって話?
実在の人物が語るだけにみょうにリアリティがある。

11 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/30 11:58
島田の伊久美地区の山中に3箇所に分散されて
52万両の埋蔵金が眠っている。


12 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/29 00:46
1900年頃、古代エジプトの王家の谷で『柩に触れた者には死が訪れる』と
呪の言葉を刻んだ石棺が発掘された。呪を無視して柩の蓋を開けると
中にはまるで生きているような美しい王女のミイラが眠っていた。
それは、イギリスに運ばれ大英博物館に展示された。
しかし、ミイラに触れたり、見学した人々が次々と不運や変死が続出したため
博物館はそれを地下室に封印した。
それから、十年ほど経った頃、アメリカのある博物館がその噂を聞き
この柩を引き取りたいと申し出て、ミイラはイギリスからニューヨークへ
向う船に運び込まれた。
その船の名前は、タイタニックといった。


13 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/29 01:01
ポチが鳴くんで掘ってみたら100万円という
こども銀行紙幣が出てきた・゚・(ノД`)・゚・


14 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/29 01:15
餓鬼の頃
友達と共同でオモチャや現金なんかをどっかに埋蔵したのだが
どこに埋めたか誰も思い出せない・・・・

15 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/30 12:56
斎○元県知事がグランシップ地下50メートルに
大昭和元社長の絵画を隠している。エコバ・舞台芸術地下にもある。

16 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/03 15:21
徳川家康がいたんだもの、必ず何かあるに決まってるよ!

17 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/08 00:19
我が家の蔵に地下があるらしい。かなりの財産が眠っているらしい。

18 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/17 04:25
昨日埋めました

19 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/17 12:12
あふぉが集うスレはここでつか?

20 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/07 21:35
http://www.autocamp.jp/nishifuji/



21 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/21 12:20
安倍川上流のとある場所では未だ砂金が採れます
とうの昔に金山は廃坑になりましたが
その割に採取量は豊富(土肥や佐渡島の比ではない位)だそうです
きっと発見されていない鉱脈があるという証拠だそうですよ。

22 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/26 16:14
徳川埋蔵金の一部は必ず駿河の国の何処かにある
これは紛れも無い事実です!

23 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/27 19:20
事実と言われる根拠はなんでしょうか?

良かったら教えて頂けますか?

24 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/30 13:24
細江町に武田信玄の埋蔵金が埋まっている、たしかなお話です。

25 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/31 03:04
家康の死後莫大な額の埋蔵金を久能山から江戸へ移した、しかし今だ
久能山東照宮の地下には埋蔵金の残りがあるかもしれない。

26 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/01 17:57
デフレが解消されない今、埋蔵金を10億-100億円分くらい見つけても
問題ないだろ。

27 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/02 12:31
埋蔵金で 金が大量に発見されたら
金相場が暴落する?

28 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/02 18:54
金の相場が暴落するほどは埋まってないだろ。
まー投機筋が敏感に反応してチョットは一時的に落ちるかもしれないけどね。

29 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/02 20:20
それでも一個人が潤うに充分な埋蔵金は実在する
しかもそれは県内の某所にある
そして某氏によって現在も発掘中。

30 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/04 22:48
赤城山の徳川埋蔵金発掘は結局どうなったのでしょう?
細々とまだ発掘作業していると聞きましたが???

31 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/06 16:53
裾野市葛山埋蔵金伝説

32 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/13 23:35
もう掘りつくされているだろ?

33 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/21 17:31
新盆の頃、海が荒れると用宗海岸に小判が
打ち寄せられる。
今年はどうだろうか。

34 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/26 18:09
↑はぁ?
新盆の頃って?
新たに親族でも死なんかぎり、新盆は迎えられませんが?

35 名前: 名無しさん 投稿日:2005/03/31 01:16
俺の使いふるした愛用の雑巾が…












My 雑巾ってか!
おあとがよろしいようで…

36 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/03 05:38
nainai

37 名前: 名無しさん 投稿日:2006/05/20 22:41
駿府公園を掘ればきっと何かが出てくる。
間違いない。
家康の宝物みたいなあ。

38 名前: 名無しさん 投稿日:2006/05/22 14:12
昨日、家の庭で発掘されました
おじぃさの入れ歯

39 名前: 名無しさん 投稿日:2006/05/28 16:06
駿府公園って誰のものなんだ?


40 名前: 名無しさん 投稿日:2006/05/28 16:10
伊豆の山中深く
源氏復興のために頼朝が隠した金が眠る
後に北条氏が血眼になって探したものの
いまだに発見されてはいない。




41 名前: 名無しさん 投稿日:2006/05/28 18:01
ああ、あそこだね。

42 名前: 名無しさん 投稿日:2006/06/03 13:47
埋蔵金って見つけたら誰の物になるんだぁ??

43 名前: 名無しさん 投稿日:2006/06/11 13:53
今日なんか見つかりやすいんだよね!

44 名前: 名無しさん 投稿日:2006/06/11 17:09
バレないように少しずつ掘り出して換金しています。

45 名前: 伊豆は元々 投稿日:2006/06/11 17:39
金山多いじゃん。まだ採掘されていない金あるのでは

46 名前: 名無しさん 投稿日:2006/06/13 07:37
わが町にもあると思われ。

47 名前: おれにも 投稿日:2006/06/13 22:18
あった。二つエベレスト級!!m(__)mごめん。

48 名前: 名無しさん 投稿日:2006/06/23 02:00
僕も換金してます。大が3枚小が2枚。羅王昇天

49 名前: チョメ 投稿日:2006/08/27 03:59
死んだじいちゃんが話してたのを思い出したんですが、神奈川県相模原市津久井町に城山と言う所があって、そこには北条復興する為の埋蔵金が埋まってるらしいです。過去にも小銭や宝の地図らしき物が発見されてるとか!

50 名前: 名無しさん 投稿日:2011/07/14 12:44 ID:y8Bd27ow0
駿府公園間違いない


続きを読む

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前 : E-mail(省略可) :
■スレッドURL
http://shizu.0000.jp/read.php/uwasa/1048088745/